恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年、お盆中のゲーム

今年のお盆のゲーム大会は2日間の短縮版でした。


「スモールワールド:アンダーグラウンド」
420
「Small World: Underground」/ Philippe Keyaerts

♪「ララランランラン」で始まる某テーマパークの歌詞は、「皆、助け合う」「微笑めば仲良し」「手を繋ごう」 だったような気がしますが、気のせいだと思います。

427 426 425
「アンダーグラウンド」より前に追加駒が発売されたりも、

428
毎ターン、イベントが起こる追加シナリオも発売されました。

424
今回の「アンダーグラウンド」の特徴はこのトークン。
中立の種族駒「失われた種族」の代わりに配置します。
まー、これが使えるの何のって。
これを含めてのバトルロワイヤル。
「スモールワールド」に慣れた方にオススメです。


「スモールワールド:王国」
417
「Small World: Realms」/ Philippe Keyaerts

423
「カタン」の様にヘックスタイルを組み合わせる「スモールワールド」の拡張セット。基本の「スモールワールド」が必須です。
ウォーゲームの様にマニュアルにマップが載ってますので、参考にしながら配置して下さいネー。

結構手間ですけどプレイする皆さんで仲良く並べてくださいね。
プレイ中はもっと殺気立つと思いますのでね。




「K2」
419
「K2」/ Adam Kałuża

ジグザグなマップがロッククライミングを彷彿とさせるかもですが、いわゆる登山です。
422
今回、導入がてらに春山マップにしてみましたが、元々ゲームに慣れている人達でしたので、いきなり危険な冬山でも良かったかなー、という気がしないでもなかったですね。
上が脱落しない事には次が登れないので停滞しちゃいましたね。
もう一度遊んでみたいです。


「フォレショレ」
416
「Volle Scholle」/ Martin Wallace

「ウントチュース」のワレス作、と書くと語弊があるかもですが、その方が作ったカードゲーム。手堅くて面白い。

ペンギンを乗せる氷とペンギンをそれぞれ競るのですが、
ペンギンを乗せる氷は競りで勝った時。
ペンギンは競りで負けた時にしか入手出来ないんですよね。
で、得点は氷にペンギンを乗せた数で、バーストするとマイナス。
カードの出し方は同色の足し算。

基本これだけなのに運だけでは勝てません。
足し算で違いを出そうとするルールも多いですが、これは引き算の見事さ。
ただカード枚数が少ないので、プレイ人数が少なくなるのと、他のゲームでもそうですが人数が少ないと多発する運重視な所が惜しい。
こういうのは枚数を増やせば解決する問題ではないので、これがベストだったんだろうなぁと思います。


その他にも「フレスコ」「禁断の島」「ウントチュース」「ロストテンプル」で遊びました。
今回も楽しかったです。まだ次回も遊んで下さい。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/20(月) 20:06:01|
  2. 非電源系ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<「聖」もんむす学園 ~ケンタウロス娘とハチ娘の場合~ | ホーム | 2012年、連休中のゲーム>>

コメント

お疲れ様でした。

お盆はお世話になりました。ありがとうございました。

「K2」「スモールワールド:王国」はまた遊びましょう。後、詳細お待ちしております。
  1. 2012/08/18(土) 12:38:26 |
  2. URL |
  3. ハンドル考案中(仮)。 #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

こちらこそお世話になりましたー。
「スモールワールド」はやっぱり面白いですね。
iPadで2人対戦が出来るんですけど、
どうしても「相性の良い種族と効果の組み合わせを先に取ると勝ち」感があるんですよね。
3人以上でお互いを牽制しつつ遊ぶのがやっぱり楽しいです。

拡張のアンダーグラウンドも面白かったです。
基本、手間が1つ増えるんですけど、煩雑になり過ぎず、
しかも「これで勝ち」が読み辛くなりますので、巧い拡張ですね。

「K2」で冬山スタートを外したのは、警戒し過ぎだったかも知れませんねw

「フォレショレ」も好きでしたね。
私のこの手のカウンティングするゲームが苦手なので、プレイの巧い人の勝ち方を観察すると、有益な発見があるんですよー。

この週末にでも書き始めますね。
  1. 2012/08/18(土) 19:42:24 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

更新お疲れ様です。

先日は仕様と知らず失礼しました。

>「K2」で冬山スタートを外したのは、警戒し過ぎだったかも知れませんねw

手元にルールが無いので確認できないのですが、テント関連で見落としが無かったか不安でたまりません。
またやらかしてしまったのかなぁ、と。冬の雪山でしたらテントを張る余力が無くなるのかはわかりませんが。

K2に限らずまた遊びましょう。今回は持って行きませんでしたけどK2の拡張もありますので。
  1. 2012/08/21(火) 00:02:28 |
  2. URL |
  3. ハンドル考案中(仮)。 #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

今ルールブック見ましたけど、

テントは順応度が「1」回復。それから天候の影響が適応されますね。
テントに入っていても、死亡の可能性があります。
でも夏山は天候が厳しくないですしねぇ。

テントの設営については、頂上付近で立ててはいけない。等の記述は無かったと思いますけど。
  1. 2012/08/21(火) 09:08:55 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

最近、面白ゲームが無いとお嘆きの貴方に

今日初めて海外マソンにボドゲを発注したのですが、海外通販も簡単になって感激ですわ。
あちこち調べて知った優れもの(だと私が確信している)ボドゲのタイトルとレビューを上げときます。どれも再三、再四遊べる出来のはず。
「Shipyard」http://plaza.rakuten.co.jp/coloredpencils/diary/201110090000/
「Homesteaders」http://samune3.exblog.jp/17247296/
「Wealth of Nations 」http://oyazee.blog54.fc2.com/blog-entry-18.html
「King of Tokyo」http://fu-ka.livedoor.biz/archives/1666076.html
「Blood Bowl: Team Manager - The Card Game」http://casinoroyale.blog120.fc2.com/blog-entry-1520.html
プレイ機会がなさそうなので、たぶん私は購入しないタイトルですが、激オモだと思われ。どこがお勧めかは、気が向いたら書き込みます。
  1. 2012/09/20(木) 15:43:05 |
  2. URL |
  3. Hirotman #JalddpaA
  4. [ 編集]

不定期連載「Hirotmanさんのボドケレビュー案内」

ああっw 今日のこの時間にこのコメントの存在に気が付きましたwww

今から出掛けますのでまだ見てませんが、情報有難うございます。
皆さんも閲覧出来るブックマーク代わりにドンドン書き込んじゃって下さいネ。
私も質問すると思いますので。ではでは失礼しまーす。
  1. 2012/09/21(金) 12:46:52 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

何処の部分がお勧めなのか? 推測編

これまた見事にジャンルがバラけてますねーw さすがw

「Shipyard」http://plaza.rakuten.co.jp/coloredpencils/diary/201110090000/
面白そうと感じたのは、相手が取ったタイルによって自分の計画がメチャ左右されてしまう、部分ですね。
パーツを集めて建造するゲームって、深く掘り進んで考えられる、いわゆる数学が得意な人が有利なのですが、相手の行動で左右される「Shipyard」は、数学が得意で無い人にも勝機あり。臨機応変で柔軟な人が強そう。これ遊んでみたいですw

「Homesteaders」http://samune3.exblog.jp/17247296/
これは「インダストリア」に似ているのかな?
『ゲーム中「いつでも」自由に資源の売買をすることができます』との事なのでゲームバランスは相当自信があるのだなぁ、と推測されます。手堅く面白そうです。

「Wealth of Nations 」http://oyazee.blog54.fc2.com/blog-entry-18.html
今回一番ビックリしたのがコレです。何じゃらホイ? が第一声。
とにかく遊んでみたい。作った人の頭はどうなってんの? とても未知数。試しに遊んでみるだけでも価値があると思います。
  1. 2012/09/21(金) 19:25:16 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

「King of Tokyo」http://fu-ka.livedoor.biz/archives/1666076.html
バカゲー枠w
ですが、MTGのリチャード・ガーフィールド作なので理屈は通っていると推測されます。

「Blood Bowl: Team Manager - The Card Game」http://casinoroyale.blog120.fc2.com/blog-entry-1520.html
FFG社なのでコンポーネントの出来は良いはず。「ブラッドボウル」をチームマネジメント版にしたゲームってだけで、欲しい人は買うと思われます。
「ブラッドボウル」自体、昔のゲームなので今遊ぶとどうなんでしょうね? やや煩雑な印象があります。ちなみに私「ブラッドボウル」は未プレイです。

しかし良いチョイスしますなぁw とお礼を一言。レビューを見るだけでも楽しかったですw
  1. 2012/09/21(金) 19:36:03 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

これはすごい。

どれを取っても面白そうですね。問題は入手とルール把握でしょうか。King of Tokyoは日本語版があるので問題のですが。さらなる問題は、まだ遊んでない積みゲー、一回しか遊んでないゲームがたくさんある、ということでしょうね。ともあれ情報に感謝を込めて。
  1. 2012/09/22(土) 11:06:01 |
  2. URL |
  3. ハンドル考案中(仮)。 #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

ハンドル名さんはどのゲームに興味持っちゃいました?
特に強く印象を持ったのは「Shipyard」「King of Tokyo」「Wealth of Nations」ですね。

「Shipyard」はコンポーネントを広げるのに30分って…しかも相当ゲーム慣れしている方のブログなのにw でもここが長所なのでしょうね。ゲームバランスの関数部分が凝ってそうです。
「King of Tokyo」は日本語版があるそうですし、購入の時はそちらを優先したいですね。
「Wealth of Nations」は面白そうだけど、私の手には負えないかな? が素直な感覚ですねw 「これで遊ぼーよー」な人がこれじゃ駄目だろうなw でもこれ凄く良いゲーム感覚を与えてくれそうな予感がするんです。

『さらなる問題は、まだ遊んでない積みゲー、一回しか遊んでないゲームがたくさんある、ということでしょうね』
そうなんですよねーw まだまだあるんですよねーw
それとゲームに限らず、チャンスというものは「ご縁」だと思いますので、買えなくなる前に買って置くよりも、その機会が自分に必要なら入手出来る選択肢が必ず訪れるものだと個人的には思っています。
焦らず。そしてチャンスは逃さず、がどんな物でも購入の際の鍵になるんじゃないなー、とか思っております。
  1. 2012/09/22(土) 11:43:32 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

そうですね。

機会があってインストしてもらえるなら全部遊んでみたいですね。どれも面白そうですし。贅沢は素敵なのです。
拡大再生産系のゲームは要領がわかったころにはゲーム終了、というパターンが多いので
「じゃーまたもう一回!」が言えるようなゲームがいいですね。
  1. 2012/09/22(土) 15:23:24 |
  2. URL |
  3. ハンドル考案中(仮)。 #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

Shipyardは「自分で設計」→「テスト公開」という律儀な流れが良さそうなんですよ。ここのブログhttp://omogekai.com/?p=108でもプレイ風景が楽しそう。惜しむらくは、大砲積んだ際もっと軍艦らしい外観だとよかったな。

Homesteadersは名作中の名作。版上げが予定されているので。入手はそれからでもいいかな?

Wealth of Nationsは運要素がほぼないのと、交渉がメインというハード志向がたまりません。長時間ゲームということも合わせて「18XX」鉄道ゲームシリーズのようなプレイ感があると思われ。ただ、今回紹介した中では一番「合わない人は合わない」作品だと感じてます。
  1. 2012/09/22(土) 16:10:42 |
  2. URL |
  3. 追記1 #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

書いていて思い出しました。「Carson City」http://hobbyjapan.co.jp/game/?p=960もお勧めの1つ。「ケイラス」系の労働者配置ゲームなんですが、他人の駒がある土地に自分の駒を送り込んで「この土地は俺のもんだ。決闘だー!」という味付けがイカす。ゲーム自体はまっとうなのに決闘ルールのおかげで「軽ラス」ともいえるゲームになってます。

King of TokyoはMtG作者によるバカゲー。システムは取り立てて見るところはないんですが、「バカゲーなりに良い雰囲気がありつい何度も遊んでしまう」という評価を未だに耳にするので、本物だと思います。http://taitou.blog50.fc2.com/blog-entry-778.htmlここでの紹介もステキ。ただ、カードの能力の適用が少しややこしいので要確認です。

Blood Bowl: Team Managerはhttp://dante09.blog86.fc2.com/blog-entry-4608.htmlこの記事でもワクワクします。エルフのウォーダンサーやドワーフのスレイヤーなんかも出てくるのが燃えます。ウォーハンマー世界をさらにひねった変化球ファンタジーなのに、正統派という感じがするのが不思議です。実は日本アマゾンで買えます(しかも安い)。ただしシール貼りが死ぬほど大変そうです。

こうしてみると、ドイツゲーム風のゲームバランスに配慮しましたという演出のない、「ゲームバランス?知るか!下手なプレイすりゃあ、しっちゃかめっちゃかになるに決まってんだろ!バランスはお前らが考えろ、何でデザイナーの俺が配慮しなきゃなんねえんだ、ああん?」なアメゲースタイルがつくづく好きなのだと再確認。
  1. 2012/09/22(土) 16:25:45 |
  2. URL |
  3. 追記2 #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ハンドル考案中(仮)。さんへ

>『機会があってインストしてもらえるなら全部遊んでみたいですね。どれも面白そうですし』
爆笑しちゃいましたよwww ホントそうなんです。超同意ですwww
「持ち込んだからには責任が~」でどうしても躊躇しちゃうんですよね。私もそうです。代弁してくれて有難うございます。

>拡大再生産系のゲームは要領がわかったころにはゲーム終了、というパターンが多いので
>「じゃーまたもう一回!」が言えるようなゲームがいいですね。
1時間ぐらいかけて説明しながらの流しプレイをして「だいたいの流れが分かったね」で、そのままお蔵入りは惜しいですよね。
こういうのは事前に遊びたい人を募って、皆のモチベーションを上げてからインストすると、「よし! 次は勝つぞ」に持ち込めるので、牽引力の見せ所ですね。
ゲームはゲーム内容以外でも既にゲームなんだなぁ、とか思っちゃいますね。ぐいぐいw
  1. 2012/09/23(日) 10:57:30 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

Hirotmanさん追記有難うございます~

「Shipyard」
>Shipyardは「自分で設計」→「テスト公開」という律儀な流れが良さそうなんですよ。
出来た船を皆でジロジロ見せ合いっこは良いですねw

>惜しむらくは、大砲積んだ際もっと軍艦らしい外観だとよかったな。
それは惜しいですね。コンポーネントが簡素だと「まぁそんな物かな」とか思っちゃいますが、折角の膨大な駒数ですからね。見せ合いっこした時に視覚的に「ギョっ!!」となるのが良いと思います。

「Homesteaders」
>Homesteadersは名作中の名作。版上げが予定されているので。入手はそれからでもいいかな?
安牌作品として捉えてましたが、名作だったのかー。頭の片隅にちゃんと入れときましょっと。

「Wealth of Nations」
>Wealth of Nationsは運要素がほぼないのと、交渉がメインというハード志向がたまりません。
>長時間ゲームということも合わせて「18XX」鉄道ゲームシリーズのようなプレイ感があると思われ。
これは凄いんだけど、私ひとりが『遊びましょうよ~』で手に負えないゲームだな、と判断しましたねw
同じように興味を持ってくれた人が「一緒に取り組んでみるか」で卓が成立がするかな。
いわゆる根回し必要ゲー。最も大概の大作ゲーは根回し必要ゲーなんですけどねw

>「Carson City」http://hobbyjapan.co.jp/game/?p=960
ここでNEW CHALLENGER!!
『それぞれのアクションで、今自分にとって一番価値があるか、次の人に回してはだめなアクションは何かなどを考えつつ、行うアクションを働く人で占有するゲーム』…は「ワーカープレイスメント」ゲームと言うのですね。相手に伝える時、便利なので覚えておきます。
確かにこのタイプのゲーム、好きですねw
  1. 2012/09/23(日) 11:09:52 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

「King of Tokyo」
>King of TokyoはMtG作者によるバカゲー。
>「バカゲーなりに良い雰囲気がありつい何度も遊んでしまう」という評価を未だに耳にするので、本物だと思います。
>ただ、カードの能力の適用が少しややこしいので要確認です。
予想通りの内容っぽくて思わず「ビンゴ!!」な気分です。
この手のゲームは、カード効果を手間に思うかそうでないかで、好き嫌いが分かれそうですねw

>『「自分が居る場所によって攻撃対象が自動で決定される」というのが今っぽい感じ。このシステムのおかげで、多人数プレイの際でも恨みっこ無しになってるのが好きです』
ここが評価大かな。恨みっこ無しというよりも「何でそれを攻撃するの?」の理由が同時に解決されている所が良いですね。

「Blood Bowl: Team Manager」
>『元々はデッキビルディングゲームとして売り出すつもりだったけど、いじってるうちにそれを越えた物になった!』
こういう売り文句ズルいwww 興味持っちゃうじゃないですか、これwww
「Blood Bowl」ってものっそいアメゲー感があったんですけど、今回のこの作品はカナダの方のアイデアなんですね。

>こうしてみると、ドイツゲーム風のゲームバランスに配慮しましたという演出のない、
>「ゲームバランス?知るか!下手なプレイすりゃあ、しっちゃかめっちゃかになるに決まってんだろ!バランスはお前らが考えろ、何でデザイナーの俺が配慮しなきゃなんねえんだ、ああん?」
>なアメゲースタイルがつくづく好きなのだと再確認。
これまた判りやすい「俺から見た『アメゲー』感」ですねw
私は「規則が無いとどうしたら良いのか判らないなー」でゲーム心構えの部分は初級~中級者。
「こうやったら勝てるよね」のゲームプレイ部分は、勘が先で後から理屈を追い付けるので、やはりこれも中級者とまり。

管理してるドイツと、(律儀に車道のラインを気にするドイツ国民)
自由が売りのアメリカ (自衛意識も個人でお願いねのアメリカ国民) の差なのかしらん?

まず故障の少ない日本車と、まず運転が難しいイタリア車と比べるのも判り易いかも。
ファンは後者も多いですよね。そしてジャンルの魅力に貢献しているのも後者。
「全部AT車にすれば良いのに」な感覚の私ですが、そうじゃないんですよねぇ。
公道の車もゲームマナーも、安全運転第一です。それさえ守れば楽しんだモン勝ちですね~。
大味大味と言われるアメゲーですが、Hirotmanさんのコメントから「そういう魅力があるからなんだー」と感じちゃいましたね。
  1. 2012/09/23(日) 11:32:41 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/893-35f0d87c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。