恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年年忘れ、及び2012年新春おめでとう、ボードゲームいっぱいやったよ Vol.4

→ 過去記事 連休中のゲーム Vol.3

続きでーす。


「禁断の島」
WS000153_20120105215557.jpg WS000161_20120105221756.jpg
「Forbidden Island」/Matt Leacock

2008年に誕生し、世界で売れた「パンデミック」作者の2010年の作品が「禁断の島」です。
それではここで、世界の「パンデミック」をお楽しみ下さい。
WS000168_20120106194500.jpg WS000173_20120106194457.jpg WS000172_20120106194457.jpg WS000171_20120106194458.jpg WS000169_20120106194459.jpg
「人類もう駄目だー !」なゲームが多言語でホイホイ売られていると、「人類まだ大丈夫なんじゃね?」な気持ちになってきますね。

「禁断の島」のルールは「パンデミック」に似ていて、更にシェイプされた内容となっています。
WS000162_20120105221755.jpg WS000163_20120105221755.jpg
ま、病気よりは財宝のほうがいいわな。

指針が立て易い協力ゲーなので、ああでもないこうでもないと主張し合うよりは、
「ここは俺に任せろ、ギャー !!」
「今助けに行くぞ、うげー !」

とか言いながら、B級アクション映画風味を楽しむのが吉と見ました。


「マグヌム・サル」
WS000156_20120105220842.jpg
「Magnum Sal」/Marcin Krupiński,Filip Miłuński

まず何語 ?と思いましたが、公式サイトの言語切り替えから推測するに、ポーランドのメーカーっぽいです。

Gry Leonardo 公式
英語では Leonardo Games と訳されていますので、レオナルド社でいいのかな?
「Magnum Sal」はラテン語で「偉大な塩」という意味だそうです。

このゲームは、1368年を舞台にした、塩堀りゲームです。

WS000176_20120106201859.jpg
塩鉱山はこんな感じです。

WS000179_20120106201741.jpg
凄く良い塩。

WS000175_20120106201742.jpg
あんまり良くない塩。

WS000174_20120106201743.jpg
悪い塩。

WS000180_20120106201741.jpg
これは塩掘りの邪魔をする湧き水。

白と茶色はともかく、黄緑の表現はどうよ ? で判りますように、駒の流用感がハンパないです。
お金が勝利点でなおかつお金の入手が厳しく、人を雇うのに安くないお金が必要で、とにかくしわいしわい(つらいつらい)。

WS000177_20120106203115.jpg
そのようやく雇った人でさえ、だから何でこの4色なのよ ? メーカーは売れ残りを買ったの ? … などと小言が出そうになりますが、ゲーム内容は面白いです。これ好き。


「丘の上の裏切り者の館」
WS000155_20120105220252.jpg
「Betrayal at house on the hill」/Rob Daviau,Bruce Glassco,Bill McQuillan,Mike Selinker,Teeuwynn Woodruff

WS000158_20120105221757.jpg WS000159_20120105221757.jpg

私は未プレイですが、プレイした人の情報交換用に貼っておきます。





「コンクエスト・オブ・ザ・フォールンランド」
WS000154_20120105215844.jpg
「Conquest of the Fallen Land」/Andrei Burago

WS000160_20120105221756.jpg

私は未プレイですが、プレイした人の情報交換用に貼っておきます。


「フレスコ」
WS000152_20120105215330.jpg
「Fresco」/Wolfgang Panning,Marco Ruskowski,Marcel Süßelbeck

「フレスコ」のタイトルで思い出されるのは、2000年に発売された「フィレンツェの匠」。
WS000178_20120106210529.jpg
『アクションを選んで行動する』という概念を理解したのが、この頃でした。
当時「ドイツゲー、スゲー!!」と感動しました。

「フレスコ」はタイルを貼るのでは無く、剥がすタイプ。
WS000157_20120105221336.jpg
全てのタイルを除くとフラスコ画が見えてきます。これは巧いな。

「フィレンツェの匠」よりも精錬されたシステムの「フレスコ」。
作者は違えど年月を重ねて、ひとつの作品に対する答えの様にも取れる「フレスコ」。

教会に描かれている親子三代に渡って描かれた宗教画みたく、完成させるのは本人でなくても良いのかも知れないなぁ、などとフト思ったりしました。



今回も沢山ボードゲームで遊んで貰いました。次回もまた遊んで下さい。

スポンサーサイト
  1. 2012/01/06(金) 21:27:55|
  2. 非電源系ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<「女の子と密室にいたらしちゃうかもしれない。」のイトカ | ホーム | 2011年年忘れ、及び2012年新春おめでとう、ボードゲームいっぱいやったよ Vol.3>>

コメント

お疲れ様でした。

遊んだゲームの取りまとめ大変お疲れ様でした。
やっぱり記録を取っておくと将来思い出して懐かしく思うことができますし。

「禁断の島」と「マグヌム・サル」が好評のようで持って行ってよかったです。
ただ「禁断の島」は万人向けの協力ゲームですが
「マグヌム・サル」は人を選ぶでしょうね。あのしわさは最近のゲームには無い
ものがありますし。あのような厳しい状況を楽しめる人はなかなかいませんから。
そういう意味で私は贅沢な環境に居るのを痛感します。

後、インストの難しさを改めて思いました。お髭の人は手馴れてましたね。
やっぱり場数でしょうか。すばらしい。また頼む事としましょう。

では、またの機会を楽しみにしております。その時はどうぞよろしくです。
  1. 2012/01/06(金) 23:38:49 |
  2. URL |
  3. ハンドル考案中(仮)。 #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

そろそろボードゲームリスト(預かり物含む)を作ってみようと思ってます。

>やっぱり記録を取っておくと将来思い出して懐かしく思うことができますし。
 …何かのフラグっぽい台詞ですね…。健康第一です!

 今回書きながら思ったんですけど、我が家の「借り物を含むボードゲームリスト」をブログのトップに持って来たら良いのでは? と思いました。
 持参して来る方は被りゲーを防げますし、実際良いゲームが多いので眠らせずにもっと稼動させたいというのもありますし、
 いやー、やっぱり新作は魅力的なんですよねー。

 とか考えて、まず私に出来る事は在庫リストかな? という事です。
 所有者がいつでも持って帰れるように入れ替えの自由がきく、ボードゲームリストを考えております。
 まずはタイトル名だけでも、空いた時間でちょこちょこと記載していく予定です。

>「マグヌム・サル」(略)…あのような厳しい状況を楽しめる人はなかなかいませんから。
>そういう意味で私は贅沢な環境に居るのを痛感します。
 「勝てたからコレは良いゲーム」などの冗談交じりの名言がありますが、勝てなくても良いゲームは良いゲームなんですよね。負けた理由がハッキリ判りますので。
 ただ、この手の「しわいゲーム」はプレイヤーの好みもありますね。豪快なのが好きな人と、手堅く着実に進んでいるのが好きな人。
 私はウォーゲームが苦手なので(戦闘センスが無いので他プレイヤーの足を引っ張るので)、買い物→経営ゲーが好きですね。同じ物を狙わなくても美味しい所は頂けるので。
 贅沢な環境なのは私も実感しています。色々な意味で贅沢です。有り難くて感謝しています。贅沢を味わえる今を満喫してます。

>後、インストの難しさを改めて思いました。お髭の人は手馴れてましたね。
>やっぱり場数でしょうか。すばらしい。また頼む事としましょう。
 私から言わせて貰いますと、ハンドル考案中(仮)。さんもインストの巧さや場数の多さも相当ですけどね。やっぱりマヒしちゃうんですよね。「これぐらいは普通ですよねー」みたいな。
 私のボドケの知識と腕前は並みですが、ゲームを持ってきてインストしてくれる方々はどう考えても普通じゃないです。どうしてそんなの持ってるの? 何でそんな情報知ってるの? みたいな。ゲームは好きでもゲームには振り回されてないんですよね。そこがすんごい。

 ではまたの機会も宜しくお願いしまーす。
  1. 2012/01/07(土) 10:40:13 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

インストについて。

>健康第一です!
まさしくその通りです。3日に動けなかった私が言うのですから間違いありません。

>インストの巧さや場数の多さも相当ですけどね。やっぱりマヒしちゃうんですよね。「これぐらいは普通ですよねー」みたいな。
お褒めに預かり恐縮です。まースキルの評価は相対的なもんですし。Hirotさんやお髭さんとでは相手が悪い、と。

実は私のインストはマニュアルに沿ったパターンになってます。何かのご参考になれば、と書いてみます。

1.プレーヤーの立ち位置と何をするゲームかを説明する。
  傭兵隊長では「皆は傭兵で領地獲得だー」、マグヌム・サルでは「炭鉱夫の親方で塩を掘るんだー」
2.勝利条件を説明する。
  傭兵隊長では「領地5ヶ所か連続3ヶ所」、マグヌム・サルでは「お金」
3.手番でできることの「概要」を説明
  傭兵隊長では「スタートプレーヤーが取りたい領地を決めてカードを出していく。合計値の多い人が勝ち」
  マグヌム・サルでは「町で行動するか、鉱山に人を配置する。お金は謁見で頂く」
4.手番でできることの「詳細」を説明
  傭兵隊長では「各カードの説明」
  マグヌム・サルでは「町の各場所(謁見とか店等)の説明、鉱山での人の配置、塩掘りルールの説明」
5.ゲーム進行の説明
  傭兵隊長では「手札の補充ルールの説明」
  マグヌム・サルでは「謁見4つ達成で次のターンの説明」
6.後は個別に対処

とまあ、最初に「立場」「目的(勝利条件)」「手番でできること」の大きな所から説明していけば
「なにをしたらいいんだ?」のもどかしさが出にくいです。
それを納得頂けたらそれを踏み台にして詳細を説明していけば、いままでは問題ありませんでした。

まー。10分も20分も黙って話しを聞いてくれる今回のような皆さんだからこそなのでしょうけど。
まさしく贅沢な環境です。贅沢は素敵だ。
  1. 2012/01/07(土) 15:49:23 |
  2. URL |
  3. ハンドル考案中(仮)。 #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

>お褒めに預かり恐縮です。まースキルの評価は相対的なもんですし。Hirotさんやお髭さんとでは相手が悪い、と。
 怪物クラスですよね、あのお2人。「縁起もの」とか「サンタさん」みたいに皆で有り難がって皆で楽しむ存在だと密かに思っております。ここに書いたら密かでも何でもないですね。「みんなの○○さん」です。もちろん独り占めは良くないので、気が向いた時に遊んで貰えればいいなーと思っています。余所で遊んで「こういうプレイをする人が居た(笑)」等のお土産話も面白いですし。他にもインストの巧い方が居ますよね。全体的に皆さん説明が巧いです。

>実は私のインストはマニュアルに沿ったパターンになってます。何かのご参考になれば、と書いてみます。
 有難うございます。私のインストの悪かった点が早速見つかりました。
 手番でできることの「概要」を説明、を忘れているか、疎かにしてました。
 言われてみればまずココが知りたいですよね。

>最初に「立場」「目的(勝利条件)」「手番でできること」の大きな所から説明していけば
>「なにをしたらいいんだ?」のもどかしさが出にくいです。
>それを納得頂けたらそれを踏み台にして詳細を説明していけば、いままでは問題ありませんでした。
 なるほどですねぇ。為になりました。

 私のインストのマズい所は、自分で説明していて「ホントにこれでいいのかぁ~」と常に自分から疑問符が出てくる所です。確信が持てないんですよね。
 人の意見を聞く時の「…もしかしたら?」は、相手の意見を掘り下げて理解するのに役立つのですが、人に説明する時の確信の持てなさは、ただの弱点ですね。

>まー。10分も20分も黙って話しを聞いてくれる今回のような皆さんだからこそなのでしょうけど。
 聞かないと自分が不利になるのに何故話を聞かないのか? の部分から既に不思議なのですが、それは置いておきまして、日本語は英語と違って結論が先に出ない言語なので、 最後まで聞くのがもどかしい言語ではありますよね。
  1. 2012/01/07(土) 18:31:58 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
そして、お久しぶりです!

毎年の恒例行事になってるみたいですが、ホントに大量のボードゲームですねw
ボクにはボードゲームの知識はないですが、アナログな遊びって、多くの人とプレイすると熱中度が半端じゃないですよね。

>公式サイトの言語切り替えから推測するに、ポーランドのメーカーっぽいです。
ボクも最近、ポーランドのバンドのレコードを買いました。
音楽的には大好きなんですが、もちろん全く聴き取れませんw
個人的に、自国の言語を使ってるバンドに興味があり、優先的に買ってしまうんですが、バンド名すら読めない物が多過ぎて困ります。
あぁ、言語に強くなりたいですねぇ・・・・
  1. 2012/01/23(月) 22:27:01 |
  2. URL |
  3. hisabilly #-
  4. [ 編集]

 お久しぶりでーす。 hisabillyさん。そして、あけおめ返しです。
 そちらのhttp://hisabilly.seesaa.net/では、PC-98の「これ当時でもマイナーでしょ?」な、ちょっと逸れたソフト情報も仕入れる事が出来てお得ですよね。もちろんメジャーも多いんですけど、玉石混合で並べると、塗りのレベルの違いとか一枚絵の構図の差だとか何かがトチ狂ってるとか、まー様々な感想が浮かんできます。

 お陰さまで覚えた単語は「長乳首」ですね。私トーシロなもんでビックリ仰天。いやー為になりました。
http://hisabilly.seesaa.net/article/115717558.html
 長乳首、これグロとエロを勘違いしてドキッっとしているだけってオチですか? 死体を見てドキッとするのと肢体でドキッとするのと勘違いしているとか?
 … とか思ってたらそちらのコメント欄にも私の書き込みがしてありますね。どんだけウケたんだ、当時の私。
 お時間のある時や気が向いた時で結構ですので、首を長くーしてますので、更新待ってまーす。ブログ読者より。

>アナログな遊びって、多くの人とプレイすると熱中度が半端じゃないですよね。
 それは私も感じます。何ででしょうね? アノ現象は。
 電源系で「ずっと俺のターン」で格闘ゲーでハメ続けると後でシメられる可能性がありますが、アナログ系はシメられ難いですね。そこら辺も怪しいですね。

>ボクも最近、ポーランドのバンドのレコードを買いました。
>音楽的には大好きなんですが、もちろん全く聴き取れませんw
>個人的に、自国の言語を使ってるバンドに興味があり、優先的に買ってしまうんですが、バンド名すら読めない物が多過ぎて困ります。
 ホント読めないですよね、ポーランド語。もうまいっちんぐでマチコ先生状態です。お手上げです。言語に強くなりたいです。どうなってんでしょうかね、言語に強い人の脳みそ。日本語だって怪しいのに、私。
  1. 2012/01/24(火) 23:09:41 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/879-451f7b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。