恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年年忘れ、及び2012年新春おめでとう、ボードゲームいっぱいやったよ Vol.3

→ 過去記事 連休中のゲーム Vol.2

プレイされた残りのボードゲームを一挙公開。
… と思いましたが、画像が多く処理が重くなって、記事がメチャ書き辛いので2つに分けました。次回も続くよ。


「傭兵隊長」
WS000108_20120104111940.jpg WS000126_20120105084006.jpg
「Condottiere」/Dominique Ehrhard, Duccio Vitale

カードを使って対戦。勝った人が領地を獲得。
「七王国の玉座」のハウスカードを使った戦闘に似ています。
WS000164_20120105235456.jpg
連続3つの土地か、合計5つの土地を取った人が勝者です。ここはバトルラインに似てますね。

シンプルで面白いゲームでした。1995年の作品。
今、流通しているのは Fantasy Flight Games 社から出ている 3rd edition で合っているのかな?


「レジスタンス」(拡張入り)
WS000127_20120105084342.jpg
「The Resistance」/Don Eskridge

何度も遊んだ「レジスタンス」ですが、日本語版の発売により、今回初めて追加ルールを入れてプレイしてみました。
こういう人狼系の追加ルールって、プレイ時間と同じぐらい説明に時間を取るんですよね。その割にはメインのプレイ時間はアッちゅう間に終わりますし。

参加人数で陣営の有利不利が出てくる「レジスタンス」。追加ルールでフォローという感じでした。
追加ルールを入れる入れないにしても、1ラウンドで目星を付けられた相手の行動が、かなーり重要な情報になりますので、ラウンド開始前に、
「リーダー! 私に行かせて下さい!」
「いや、真っ先に立候補する奴は怪しい!」等、
初めの1ラウンドに時間を掛ける のが好ましいプレイかなー、と思いました。

あと、たまたまだったのか判りませんが、今回使用した日本語版カードの裏面に『識別出来る印刷ミス』がありました。
片面カラー付きのスリーブがあればプレイには支障はありませんが、ここは残念でした。


「マーシャンダイス」
WS000147_20120105202349.jpg
「Martian Dice」/Scott Almes

サイコロを振って役を揃える「ヤッツイー」の派生ゲームかな? こちらはもっとお気楽。
ダイスのみを使ったゲームは、運要素が強かったり最善手がほぼ決まってたりもしますが、ムキになるのがアホらしくなる設定 だとお手軽おバカゲーとして楽しめます。

プレイヤーは火星人側となり、人類の攻撃を跳ね返しつつ、どのプレイヤーよりも多く、鶏・牛・人を捕獲するのが目的です。
WS000166_20120106113412.jpg
火星人にもノルマがあるんですかね。





「それはオレの魚だ!」
WS000148_20120105202712.jpg
「Hey, That's My Fish!」/Günter Cornett,Alvydas Jakeliunas

海外ではWiiWare版が出てるみたいです。

えー、日本未発売なのかなー。

WS000149_20120105205054.jpg
「マッスル行進曲」と変えてくれないかなー。

マッスル何とかは置いておきまして、「それはオレの魚だ!」は、氷上に置いてある魚を誰よりも多くゲットしたプレイヤーが勝者となります。
ただし氷上に置いてある魚は取ると、氷が溶けて無くなってしまいます。
箱絵にも描いてありますが、相手を乗せたまま氷を切り離す のが、デフォルトの遊び方みたいですね。
親子で遊ぶと子供が号泣するタイプのゲームです。


「ケルトスパイラル」
WS000150_20120105205530.jpg
「Keltis: Das Orakel」/Reiner Knizia

これ私のリクエスト。「ケルト」が好きなんですけど、最初の手札がダメダメ過ぎると他のプレイヤーに追い着くのが至難過ぎるのが、「うーん」と思ってました。
「ケルトスパイラル」は改良してありました。遊べて良かったです。
我が道を行き、我が一番旨い汁を吸うぞ なタイプのゲームなので、相手プレイヤーの行動が素直に「巧い」と思えるのもポイントですね。私負けましたけどね。
ヘビー級ゲームではありませんが、箱も大きく、プレイする場所も広く取ります。これも一種の贅沢ゲーかな?


「キングスゲート」
WS000151_20120105214908.jpg
「King's gate」/Reiner Knizia

ルールは簡単ですが、プレイヤー同士がタイルを出す度に公開情報が広がり、中々悩ましい陣取りゲーです。
大量のボードゲームを遊ぶ時は、この規模のゲームがとっても有り難いです。

ルールを頭に詰め込みたくは無いけど、プレイ中のジレンマは楽しみたい。
WS000167_20120106123725.jpg
最初に抜きん出ると後が続かないよね。

「キングスゲート」の良さは、作りがしっかりとしてて、デザインも練られている Fantasy Flight Game 社製って所もありますね。
Fantasy Flight Game 公式



次回に続きます。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/06(金) 18:37:56|
  2. 非電源系ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2011年年忘れ、及び2012年新春おめでとう、ボードゲームいっぱいやったよ Vol.4 | ホーム | 2011年年忘れ、及び2012年新春おめでとう、ボードゲームいっぱいやったよ Vol.2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/877-89acc834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。