恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年年忘れ、及び2012年新春おめでとう、ボードゲームいっぱいやったよ Vol.1

今回も、年末から年始に掛けての5日間、非電源系のゲーム大会が、我が家で開催されました。

参加者の皆様、ご足労有難うございました。ぷちヒッキー気味な私にとって、有り難いゲーム分の補給でした。
去年の私の目標でしたが、通勤5分の場所に転職しましたので、「電動自転車を買って行動範囲を広げる」「同じ区内では迷子にならない」はクリア出来ませんでした。残念。

そんな事よりコピペすんな。さて、今回遊んだゲームの確認です。
まずはカードゲームから行ってみたいと思います。


「破滅の13」
WS000110_20120104105455.jpg
「Jetzt schlägt's 13」「Danger 13」/Rüdiger Dorn

山札から人数分のカードを引き、親が一枚づつめくりながら配分をし、山札が無くなるまで続けます。基本それだけのルールです。
カードには数字が書かれている物があり、足して13を超えた瞬間にラウンドが終了。バースト扱いになるので、このカードは手に入りません。
その時に他のプレイヤーの前に「+」の書かれたカードが置かれていれば、裏返して手元に置きます。これが得点。
つまりカードに描かれた「+」を一番多く集めた人が勝者です。

13を超えないのが前提条件ですが、18まで耐える事の出来る特殊カードも存在します。
WS000122_20120104185127.jpg
「許容範囲がババアまで広がったよ」
などの意味不明の台詞が飛び交い、いつの間にかロリっ娘ゲームになってたような気もしますが、健全なゲームです。


「ホースフェア」
WS000107_20120104110518.jpg
「Horse Fair Card Game」/Reiner Knizia

2000年の作品「トレンディ」のリメイクだそうですが、箱絵は80年代だよなぁコレ。
WS000123_20120104192210.jpg
私「トレンディ」は未プレイですので、もしかするとカード柄は超イケてるのかも知れません。

付属の馬の駒が立たないのはデフォルトですか?
WS000112_20120104113443.jpg
ゲームの舞台は馬の品評会。馬肉展示場と言い換えても通用しそうです。
仲良く相乗りして儲けましょう。


「ポイズン」
WS000109_20120104112725.jpg
「Poison」/Reiner Knizia

「赤」「青」「紫」、3種類の薬品カード。それぞれに数字が描かれています。
足して14以上になると出した人が引き取ります。引き取ったカードの枚数がマイナス点になります。
「赤」「青」「紫」、それぞれで一番多く枚数を取った人のマイナス点は帳消しになります。
合計マイナス点の一番少ない人が勝者です。
1度でもカードを取っちゃったら、枚数のトップ目指すぞ、グハー!
なキメたプレイをすると勝てるかも知れませんが、そもそも取らないのが一番のような気もします。


「豆じゃないよ」
WS000111_20120104113114.jpg
「Nicht die Bohne!」/Horst-Rainer Rösner

手札を場に出して、相手に自分のカードを取って貰い、自分は相手のカードを貰います。
ややこしい書き方をしましたが、最初に配られた自分の手札は、自分の物になりません。

4色の豆カードには1~10の数字。合計数の多い人が勝者です。3ラウンド勝負。
WS000124_20120104195059.jpg
「豆じゃないよ」1枚。「X2」1枚。「-」3枚。

「-」は同色2枚で「+」になります。ちなみに同色「-」を3枚取るとマイナスに戻ります。

作者は「ボナンザ」のローゼンベルグじゃないよ。が定番ネタのようですが、なら何でこんなタイトルなのでしょうか? そこが気になるよ。





「ビッグファイブ」
WS000115_20120104115022.jpg
「Big Five」/Reiner Knizia

配られた自分の山札を先に無くした人の勝ち。
カードの置き方には決まりがありまして、4枚揃うと手札か山札から1枚捨てる事が出来ます。
5枚揃うと手札か山札から2枚捨てる事が出来ます。
4枚、5枚同時に揃える事も出来ますので、その場合は3枚、4枚とカードを捨てる事が出来ます。
7才以上と書かれていますが、勝つ為のプレイに7才は辛いかもー。


「スワット!」
WS000116_20120104115355.jpg
「SWAT!」/Reiner Knizia 

「PIT」系のアクションゲームです。私これ系すっげー苦手。
カードが1枚でも取れたら楽しいんだろーなー。はい、1枚も取れませんでした。


「パレード」
WS000113_20120104114232.jpg
「Parade」/Naoki Homma

「破滅の13」「ポイズン」を先に遊んだ為、ルールを間違えてインストしてしまいました。どうもスミマセン。
ゲームは良く出来てます。といいますか、お気に入り。買っておこうかな。

ルールは簡単なのですが、癖のある決まりがありまして、
タイトルの「パレード」らしく、場にカードを一列に並べていくのですが、
数字と色で取らなければいけないカードが決まります。
相手が観念してカードを取れば楽になる、我慢大会ゲーです。


「カタンの開拓者たち カードゲーム」
WS000117_20120104120553.jpg
「Die Siedler von Catan: Das schnelle」「The Struggle for Catan」/Klaus Teuber

元々「カタン・カードゲーム」はありましたが、それの新版。各国で翻訳されましたが、
ツーブロック頭のナイスガイは本当にカタンに必要だったのでしょうか?
WS000118_20120104120601.jpg
「オレ、日本代表。よろしく」
「トレンディ」なんて目じゃない、80年代臭の「カタンの開拓者たち カードゲーム」。裏面もキツいよ。

ノンケの人に萌えを強要する和製ボードゲームもキツいですが、これも中々。
残念ながらカードには、このツーブロック彼氏は登場しません。中途半端だな、オイ。
ゲームは普通に面白いです。


「ダンジョンレイダース」
WS000119_20120104123010.jpg
「Dungeon Raiders」/Phil Harding

5つの部屋からなる、5階層のダンジヨン。
財宝を一番多く持って帰った人の勝ち。ただし体力が一番低い人はダンジョンの最後で力尽きます。
パーティは仲間というより、ただの運命共同体です。
自分の体力を温存しながら、適当な所で仲間の体力を奪ったり、宝箱の鍵開けの邪魔をしてやりましょう。
でないと勝てません。


「バトルライン」
WS000120_20120104123350.jpg
「Battle Line」/Reiner Knizia

私は未プレイですが、プレイした人の情報交換用に貼っておきます。


「ナポレオン(トランプ)」
WS000121_20120104123621.jpg
「Napoleon」/作者不明・1800年頃

私は未プレイですが、プレイした人の情報交換用に貼っておきます。


「ファミリア」
WS000128_20120105084646.jpg
「Famiglia」/Friedemann Friese

私は未プレイですが、プレイした人の情報交換用に貼っておきます。


「マンマミーア」
WS000125_20120104200520.jpg
「Mamma Mia!」/Uwe Rosenberg

「コロレット」
WS000114_20120104114659.jpg
「Coloretto」/Michael Schacht

「ボナンザ」
WS000129_20120105090414.jpg
「Bohnanza」/Uwe Rosenberg

今更説明不要の有名ゲーかな? 色々省きます。


数が多い為、以前遊んだゲームは省いてあります。
「ごいた」
「ドミニオン」



次回に続きます。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/04(水) 20:33:38|
  2. 非電源系ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2011年年忘れ、及び2012年新春おめでとう、ボードゲームいっぱいやったよ Vol.2 | ホーム | 『プリンセスX』~僕の許嫁はモンスターっ娘!?>>

コメント

お疲れ様でした。

毎度毎度場所を提供していただきありがとうございます。

次回もまた面白くて楽しいといいな的な数々のゲームを持っていきたいと思いますので
またよろしくお願いします。

この中では「豆じゃないよ」の、ままならなさが尋常じゃないのがよかったです。

「バトルライン」「ファミリア」は二人用の傑作だと思いますので
ぜひ遊んでみてください。

で、Vol.1でこの分量ですか。全部載せるのは大変ですね。
期待しておりますので二桁いきそうですが張り切ってお願いします。
  1. 2012/01/05(木) 19:32:56 |
  2. URL |
  3. ハンドル考案中(仮)。 #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

ハンドル考案中(仮)。さん、今年も会場を開放しますねー。

>この中では「豆じゃないよ」の、ままならなさが尋常じゃないのがよかったです。
アミーゴ製でメジャーなんですけど、遊んだ事が無かったので、プレイ出来て良かったです。
マイナス要素を押し付ける系は、押し付けても押し付けられてもニヤリと出来ますね。

>次回もまた面白くて楽しいといいな的な数々のゲームを持っていきたいと思いますので
>またよろしくお願いします。
いつも有難うございます。
「七王国の玉座」の戦闘ターンを彷彿とさせる「傭兵隊長」。
「お邪魔物」より掘ってる感じの出てる「マグヌム・サル」が印象的でした。
あと「フレスコ」「カフナ」「ドラゴンイヤー」などもお借りしてますので、そちらでも遊ぶ機会を作りたいですね。

>「バトルライン」「ファミリア」は二人用の傑作だと思いますので
>ぜひ遊んでみてください。
「バトルライン」は遊んでみましたが、評判の良い理由が判りました。面白いです。
すぐさま判定をしてくれるiPad版が便利でしたが、プレイの終盤でフリーズを食らいました。
今までに買った他のボドゲのアプリではそんな心配は無かったんですけどねー。

>で、Vol.1でこの分量ですか。全部載せるのは大変ですね。
>期待しておりますので二桁いきそうですが張り切ってお願いします。
ここ1年、ボードゲームの情報から離れていたのですが、ブログにまとめると作者やメーカー、発売年度、他国版の名前などが判って楽しいです。
ちなみにVol.3で終わる予定ですが30本超えてました。今年も沢山遊びました。ほくほくです。
  1. 2012/01/05(木) 22:59:47 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/876-e7e5dad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。