恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「マリア様がみてる」ドラマCD11巻「長き夜の」

ここまで続くとは思わなかった「マリア様がみてる」ドラマCD第11巻、「長き夜の」です。
あらら11巻は「チェリーブロッサム(銀杏の中の桜/BGN)」じゃなかったんですか?
232
残念ね、乃梨子。

原作小説の4巻「ロサ・カニーナ」には「ロサ・カニーナ」と「長き夜の」の2編が収録されていますが、
ドラマCDには「ロサ・カニーナ」の代わりに、祥子が紅薔薇のつぼみの妹になる話「Answer」が入っています。
「マリア様がみてる・プレミアムブック」内の短編です。

「長き夜の」ですが、時間は巻き戻って、祐巳が一年生の冬休み。山百合会に所属してから初めての冬休みです。
そういえば「マリア様がみてる」、ここまでの話は文化祭が始まる少し前から始まって、3月初めの卒業式までの話なんですよね。ホントに半年ですね。
私も学生の頃は一日が長かった感じがしますが、リリアン女学園も長いんですね。

でも「マリア様がみてる」、2時間ぐらいで読めますけどね。
229
すごい集中力だと誉めると「日本語だから」って平然と答えてくれる。(「いばらの森」)
1時間で読んだ聖さま。



アニメではオールスターになってる「長き夜の」、こちらは原作と同じメンツで1月2日を過ごす話です。
正直、こっちの方がらしくて好きです。

とはいえアニメの「長き夜の」。
2ndシーズンになってキャラの顔見せも兼ねて、シリーズの頭に持って来たのはナイス選択だと思います。
本放送では、1stシーズンは深夜アニメで、2ndから朝の7:30アニメになった「マリア様がみてる」。
朝からチビッコはこんなアニメ見ないと思うけどナ。

「Answer」はアニメになってない話ですので、嬉しい収録作品です。
水野蓉子のお姉さま、鳥居江利子のお姉さま、アニメでも登場した佐藤聖のお姉さまが登場。

それぞれ紅薔薇さま、黄薔薇さま、白薔薇さまとしか表記されていないのですが、
混合を避ける為、「マリア様がみてる」読者の中には、特に聖の姉を指す時に使われるのですが、
超白薔薇さま(スーパー・ロサ・ギガンティア)と呼ばれる事があります。公式ではありませんが、私もそれに順ずる事にします。

超白薔薇さまの声は、コナンくんの中のヒトでした。アニメでもそうでした。
240
画像はわざとです。

超黄薔薇さまはセーラームーンでした。
239
「ひとつ人世の生血を啜り」。
スミマセン、セーラームーン見たことありません。
エロバレーでは蛇拳使いのクリスティでした。
早朝にビーチに行くとひとりで蛇拳をしててかなり不気味でした。

超紅薔薇さまは「ガラスの仮面」の北島マヤでした。
238
「砂糖はいくつ?」と聞かれて死ぬ程悩むエピソードは、少女漫画界では語り草ですね。
最近では「おそろしい子」っていうネタの方が先行している気がします。

山百合会はやはり只者ではないメンツが揃っていました。恐ろしい高校生達ですね。

今回でドラマCDシリーズは一応最終回です。他のドラマCDは2~5ヶ月の間隔で発売されていたのですが、
2006年7月を最後にバッタリと途絶えてしまいました。「パラソルをさして」まで発売して欲しかったです。
12巻は「銀杏の中の桜」「BGN(バックグラウンドノイズ)」。
13巻は「黄薔薇注意報」「ロザリオの滴」。
14巻は「レイニーブルー」。
15巻は「パラソルをさして」と紙製CDケースとフィギュア付き。もちろん付属フィギュアは松平瞳子と二条乃梨子です。

やっぱり令さま可哀想。
092
お絵かき板では祭りの時期もあったのに。

このドラマCDの感想(ってもタワ事ですが)を書こうとしたきっかけは、
ドストエフスキーの批評家でもある清水正さんの「つげ義春を読む」からでした。
この方、つげ義春さんの漫画評がとても上手くて、学生の時からの愛読書です。
237
いい本ですよ。ちょっと深読みし過ぎる所もありますけど。

「ねじ式」。すなわちメジャーなつげ義春作品の中では、メメクラゲの話が一番ツマんないと思うんですけど人気なのは、
話が不条理って事で済ませられるから、大して自分の考えを言わなくても、話に乗れるからだと思います。

ゲームで言えば「ガイスター」ですね。
あれ、本当に自分と相手の指すパターンを考えられる方なら、それこそチェスの世界大会に出れるタイプのヒトですよ。

でもセールスポイントは「女性や子供にオススメ!」って書かれているんですよね。
あ、テキトーに打ってるんだな、って感じました。ゲームに罪はありませんって、先に断っておきますけどね。

つげ漫画ですが、個人的には「ゲンセンカン主人」が一番お気に入りでして、
当時高校生の私には、世間の評価と現実の自分とのギャップに悩む、つげ義春自身の葛藤を描いたモノだなんて分かりませんでしたから、やはり「つげ義春を読む」は有り難い本なのです。

ただし「ねじ式」ですが、金太郎飴の作り方を教えるに教えられないオバさんの下りは好きでした。そら仕方ないですわな。スパナの親父よりもよほど説得力があります。

「ねじ式」はPC-9801でゲーム化されてまして、X68000ユーザーには御馴染みの「Z's staff」というグラフィックソフトを出してたツァイトが作ってます。えらい畑違いですが、同シリーズにひさうちみちおさんの「アソコの幸福」も出しています。ガロ系が好きなんですね。
ひさうちみちおさん、「大人養成講座」のイラストも描いてましたね。役者さんでもあります。

ゲームの「ねじ式」には迷路モードがありまして、早い話、FC版「ポートピア連続殺人事件」のダンジョンみたく「オリジナルには無いでしょ?」な部分があるのですが、時々森の中でドッペルゲンガーみたいなモノに出会えます。
彼がポツリと言い残して去っていくんですけど、その中に「言葉になった1000の言葉と、言葉にならなかった1000の想い」がありまして、当時高校生だった私は、なるほどなと感心しました。

ドッペルゲンガーの捨て台詞に「相手の家を訪問する時、まず初めに思いつく事は、拒絶された自分だ」っていうのもありまして、中々上手いコトを言うなって、今でも思ってます。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/10(土) 20:48:53|
  2. マリア様がみてる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2/11のプリキュア5 | ホーム | 買い物メモ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/76-3563d164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。