恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「マリア様がみてる」ドラマCD8巻「いとしき歳月」

原作単行本「いとしき歳月(前編)」にあたるドラマCD。ドラマCDの次巻は「いとしき歳月2」となります。
こちらも「マリア様がみてる」ドラマCDと同じく、CD2枚組にして欲しかったですね。

卒業式が近づいた三月の始め、廊下で会った白薔薇さまが突然言った。
「おもえばいととし」の「いととし」とは何ぞや?と。(「いとしき歳月(前編)まえがき」)


毎回突然な白薔薇さま。ちなみに白薔薇さまは「おもえば愛し」と思ってたらしいです。
129
ギリシャ彫刻のような聖さま。想像イメージ。

「黄薔薇まっしぐら」「いと忙し日日」の2話収録。
黄薔薇さまこと鳥居江利子に援助交際疑惑がかけられる話と、
「三年生を送る会」にまつわる話です。

「援助交際?」
小さなお重の形のお弁当箱をテーブルに置きながら、祥子さまはつぶやいた。
「何なの、この不快な四文字熟語は」
「あ、それは」
まずい。潔癖性の祥子さまに見つかってしまっては、しつこく糾弾されるか、
ヒステリーに火がつくか…とにかく、ただじゃ済みそうもない。

193
「私、この言葉嫌いよ」
祥子さまは、冷たく言った。(「黄薔薇まっしぐら」)


嫌いって言われてもね。



つづき
「二つの言葉をくっつけて、その行為の意味をやわらげようとするかのような根性が、まず気にくわないわ。
誰が使いだしたか知らない言葉だけれど」
「は?」
まず、言葉の乱れをチェックですか。
抗議はその言葉の示している行為について、じゃないらしい。(「黄薔薇まっしぐら」)


山百合会のメンツはやや変わっているのですが、ここは一般ピープル代表のはしくれ、祐巳の視点で見てみましょう。

「黄薔薇さま、ごきげんよう」
「ごきげんよう。久しぶりね。由乃ちゃんには時々、ちらちら会ったりしてたけれど」
(えっ!?)
髪をかき上げながら、遠くを眺める黄薔薇さまの胸もとを祐巳は見逃さなかった。
(タイが…っ!)
黄薔薇さまの、学園一美しいと評判のセーラーカラーのタイの形が、今朝に限って乱れている。(「黄薔薇まっしぐら」)


祐巳ちゃんの視点も変ですね。

で、渦中のエリリンに話は移りますが、こちらホテルのロビーでの会話。
リッチな年上男性とのアバンチュールでしょうか?

「可愛い。ウサギちゃんみたいだ」
彼は満足そうにうなずく。(「黄薔薇まっしぐら」)

188
最近、ウサギの生首が校庭に放置されてた事件がありましたね。

このドラマCDでお得なのは、アニメでは無かった、祥子さまヒステリー爆発のシーンが収録されていたこと。これは嬉しい。
アニメではツンツンした印象しかない祥子ですが、原作では結構なヒステリー(こんな病気はないのですが)です。
それでも健気に慕う祐巳はちょっとマゾかも?なんて自分を評してますが、よく分かってますね。マゾ以外何者でもありません。

すると、祥子さまがまた目をつり上げて言った。
「お姉さま、ご存知でいらしたの!?」
「まあね。夜毎違う男とデート、ってことだけは」
キリキリキリと、どこかで音がする。誰かの歯ぎしりかと思ったら、何と祥子さまが手の中でハンカチを絞る音だった。
(やば…)
祥子さま、ってば。怒りを我慢している。
(さて、困ったぞ)
蓄積した挙げ句に爆発されると、かえって後が怖いのだ。
「ご存じだったのなら、なぜ」
キリキリキリキリ。


中略。この間、祐巳ちゃん針のムシロ状態。

キリキリ…ビリッ。
「ご不快?ご不快ですって?」
祥子さまはとうとう破けてしまった白いハンカチを、テーブルの上に思い切り投げ捨てた。
「後からこういう形で耳に入った方が、何百倍もご不快だってなぜわからないのっ!」
「ひゃあ」


中略。祐巳ちゃんは祥子さまとハンカチから目が離せませんでした。

「じゃあ、何?私が男嫌いだからって、隠していたというの?」
捨てたはずのハンカチを拾って、またもや締め上げる。
何一つ言い逃れできない祐巳であるけれど、一つだけはっきり言えることがある。ハンカチに、罪はない。(「黄薔薇まっしぐら」)


後略。祐巳ちゃんはハンカチと自分を重ね合わせていたみたいです。


<おまけ> 今年の「三年生を送る会」の予想。
祐巳:「土曜日?もうすぐじゃない。乃梨子ちゃんは、何するの?」
乃梨子:「何、って?」
祐巳:「隠し芸」
乃梨子:「か、隠し芸!?」
192
まさに外道。

祐巳:「私はファイアーバトン持ちながらリンボーダンスしたし、由乃さんは水中大脱出したし、
志摩子さんはストリップしたよ。花電車も立派にね」
191
まぢかよ。
乃梨子:(ひえー)
乃梨子:「そんな話聞いていません」
祐巳:「おばかさんだね、乃梨子ちゃん。笑いをとるために、恥を忍んでやった芸だもの。妹なんかに言うはずないじゃない。
思い出したくもないはずよ」

あわや乃梨子の運命は?
スポンサーサイト
  1. 2007/02/06(火) 15:41:10|
  2. マリア様がみてる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<買い物メモ | ホーム | 風邪引いた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/63-c3fc3d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。