恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロサ・ンジンフウ・アン・シャブスキー

DVD「マリア様がみてる」は、オーディオコメンタリーが付いてある物が、多いです。
コメンタリーと言いましても、毎回毎回、食事をしながらダベっている感が強いです。

それを逆手に取った作品がありました。


修学旅行当時、
ロサ・キネンシス・アン・ブゥトンだった、福沢祐巳ちゃん。
ロサ・フェティダ・アン・ブゥトンだった、島津由乃さん。
ロサ・ギガンティアだった、藤堂志摩子さん。
そして、誰が呼んだのか、海原雄山先生。
以上の4人が、オーディオコメンタリーに参加。

何というキャバクラ状態。

噛み合ってない会話が生々しくて、臨場感もバッチリ。
作者の発想と共に、とても良い出来だと思います。


発想と言えば、「マリア様がみてる」と「ドリフのズンドコ節」を合わせた、この作品も捨てがたいですネ。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/29(木) 17:41:25|
  2. マリア様がみてる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「初音ミクが『マリア様がみてる』の○○巻を読んでいるようです」シリーズ.5 | ホーム | 国生さ~ん、出番ですよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/613-ef88cb35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。