恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひとつの企画でふたつ出来ちゃったのかな?

前回はシルキーズの「Figure」を取り上げましたが、
良く似た内容の作品に、同メーカーの「愛姉妹」が挙げられます。
私が初めて「Figure」を見た感想が、「あ。『愛姉妹』だ」でした。

http://mikioden.blog89.fc2.com/blog-entry-470.html#more
「Figure」は「愛姉妹」の、ほぼ一年後に作られた作品です。

共通点は、
・主人公の置かれた立場が似ています。
   「愛姉妹」では、父親が悪人。「Figure」では、先輩が悪人。
   両作品共に、世話になっている人物から、悪の誘いを持ちかけられます。

異なる点は、
・率先して期待に応えようとする主人公と、そうでない主人公。

これは「愛姉妹」の主人公が性悪なのが理由ではなく、

・ゲームプレイ中、目の前からボスが姿を消した、「愛姉妹」と、
・ゲームプレイ中、ボスによって、ずっと見張られていた、「Figure」との違いだと思います。

羽を伸ばしている主人公と、いつ首を切られるのか、わからない主人公。
この差が、「Figure」の主人公は陰気だ、との印象を与えてしまうのかも知れません。

‥‥と、私は意見を書きましたが、
x27
主人公(姉の見ている前で妹を!!燃えるぜ~~~)
うーん。「愛姉妹」の主人公の方が、やんちゃなだけのかも?




「愛姉妹」ついでに話を続けますが、タイトルの愛姉妹の他にも、姉妹の母である幸絵や、父親の秘書の由美といった、サブキャラも、中々いい味を出しています。

父親の事務所に姉妹を連れてきた、主人公。
父親の愛人兼秘書の由美さんに、いきなりのお願いをします。

x30
由美「………………わ、私もですか!?」
やりたい放題の主人公ですね。

姉妹の母親の幸絵ですが、姉妹の姉の方が、主人公よりひとつ年上。妹の方が主人公よりひとつ年下。
つまり、生きていたら、主人公のオカンと変わらん歳なのですが、彼女は姉妹達並に、またはそれ以上に、彼を虜にします。

こちら幸絵さん。
この後、主人公に眠り薬を盛られ、痴態をポラロイドに撮られて、脅迫されます。
ポラロイドって所が、時代を感じさせます。

x09
主人公(ある薬を、この美人のカップに入れるよう、由美に頼んであるのさ)

見知らぬ男の車にぶつかって示談金を請求されるわ、自分の子供と変わらん歳の男に強姦されるわ、
踏んだり蹴ったりの幸絵さん。

x10
由美「丈人さん……。私が進んで、こういう手助けをしているって……思わないでくださいね」
父の秘書の由美もまた、被害者なのです。

「愛姉妹」も「Figure」も、受ける印象として、主人公が女の子に酷い事をするというよりも、酷い事をされても尚、主人公を信じたり、受け入れようとする女性側の強さに、目がいってしまいます。

ただし「Figure」の場合、そのステージに行くまで、バットエンドが続く事が多いので(パラグラフがやや意地悪)、プレイ途中で嫌気が差す可能性が高そうです。

拍子抜けだったのが、いちばん純情そうな妹の智子でして、母親の痴態の写真を使って脅迫してきた主人公に対して、弱みを握られたというよりも、むしろウエルカムだった、片思いの乙女の純情を思い知らされました。軽くビビリました。
x21
智子「違います……。野川さんって……友達の間でもカッコイイって……だから私も………」
ギョっとした瞬間です。

片や、姉の留美は、ちょいと鼻持ちならない性格をしています。
x22
主人公(俺はぴらっとたたんであった借用書を渡す。留美は下級生の男からの手紙と勘違いしたのか、手を出さない)
留美さん、年下は眼中に無いんですね。

x23
留美「残念だけど、私、そういうの受け取れないわ……」
良く見て下さい。借用書ですよ。

そんな二人の母、亭主持ち(出張中)の幸絵は、主人公に対して、息子や弟のように接してくる時もあれば、恋人のような接し方もする、多面的な性格も見受けられます。

幸絵は、酷い事をされている最中でも、聖母か娼婦か、いずれかの姿を取ります。
x18
幸絵は優しい目で俺を見つめてきた。

主人公、完全な言い掛かりで「大金を寄越せ」と、脅迫してきたんですけどね。

x24 x26
幸絵「どうしたの……?こんな時間に……」
幸絵「さあ……なぜかしら……。あなたが……寂しそうに見えたから………」
ずっと幸絵のターン。

x25
主人公(ああああああああ!ふーんじゃなくてー!
これじゃほのぼのとした会話だーーー!!!)

幸絵に翻弄される、主人公。

でも、ヨクヨク考えてみれば、主人公。
幸絵に利用されていただけなのかも知れませんね。

x32
主人公(なんとなく、幸絵もこの状況を楽しもうとしているような気もするぞ………………)

x31
主人公(ていよく利用されたのかな、俺って………………)

x29
主人公(幸絵の欲求不満の解消に………………)
伊達に歳は食っていないのかも知れません。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/07(月) 22:13:34|
  2. PC-9801
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<私と「ストロベリー大戦略」 | ホーム | 「Figure ~奪われた放課後~」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/483-6831f394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。