恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レイニー以降

「マリア様がみてる」は、9巻「チェリーブロッサム」内の「銀杏(いちょう)の中の桜」が元々の1話に当たる作品であると、作者の今野緒雪さんは後書きで綴っています。雑誌「コバルト」の掲載も「銀杏の中の桜」が初めでした。
「銀杏の中の桜」は二条乃梨子の一人称視点で始まります。

二条乃梨子です。
公立中学から来ました。学年いちの秀才です。
122
北大路花火ではありません。「かみちゅ」にも出てません。



「マリア様がみてる」は基本的に祥子と祐巳をメインとして書かれています。
乃梨子は志摩子の妹(プチ・スール)ですので、志摩子は祥子の立場であるところのメインヒロインではなくなっています。
120
え?私、ヒロイン降ろされたんですか?

しかしこれ、大正解なんですよね。
志摩子は恐ろしく物分りの良い性格ですから、同じく利発な乃梨子との間でトラブルなんて起こり様もありません。

何よ。私がトラブルメーカーみたいじゃないの。
118
貴方も私のこと、バナナ半分しか食べられないと思っているのでしょう?

「マリア様がみてる」を11巻まで読んだ方なら分かると思いますが、登場した人物の背負っているもの・人間関係を含めまして、この巻までにほぼ明らかになります。喩えるならミステリー小説とでも言いましょうか。

逆に言いますと、志摩子の肩の荷が下りた瞬間、「マリア様がみてる」第一部が幕を閉じるのです。
121
後は頼むわ。

振り出しに戻るの「チェリーブロッサム」以降では仕方ない事かも知れませんが、「マリア様がみてる」の読者の間には「レイニー以降」という言葉がありまして、10巻「レイニーブルー」に続く11巻「パラソルをさして」以降、作品のバラツキが出始めます。アニメのTVシリーズもここで終了しています。

ダークホースだった祐巳が祥子というツンデレを攻略した後、残ったのはミステリーではなく、祐巳らの成長物語。
人気の高かった白薔薇さまこと佐藤聖の舞台降板には、多くの読者を逃がしたと思われます。
実際、彼女にまつわる話は良く出来てました。
062
11巻の時点での電動ドリルちゃんとギンナン王子の背景はともかくとして、
白薔薇さまの言うとおり、でしょ?

ホント瞳子ちゃんがいなかったら、私だって続きを読んでいませんでした。
126
トリッキーな動きをする瞳子。
ツンデレ具合なら、祥子が中ボス。彼女はラスボス。

とか思いつつも、もう一度1巻から読んでみると、これまたよく描けているんですヨ。
123
お姉さまって、前ほどギンナンギンナンって言わなくなりましたね。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/27(土) 20:16:21|
  2. マリア様がみてる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「マリア様がみてる」っていつの話なの? | ホーム | PCがハングっちゃいました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/41-7d39122a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。