恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳴子ハナハルさんがどうして女性と思われたのか考えてみた

折角、2000円も出してエロ雑誌を買ったのですから、少しは物を考えてみようと思います。
題材は「鳴子ハナハルさんが女性作家に見えた理由」にします。

こちら「クラスメイド」のヒロイン、西川千春ちゃん。
雑誌「快楽天」2007年2月号の表紙より。
909
鳴子ハナハルさん、リトグラフで描いてくれませんかね。
出せる範囲だったら買いますよ。

ストーリーは、借金のカタに、お金持ちの大河内家のメイドとなった千春ちゃん。
ここの坊ちゃんはなんと、クラスメイトの秀之くんでした。

エロ漫画なので当然なのですが、秀之くんの個人的な性奴になってしまった哀れな千春ちゃん。
実際は、千春ちゃんも秀之くんもお互い片思いでした、というオチでして、
中学男子が2秒で考え付きそうなストーリーです。

お約束なのが秀之坊ちゃんでして、サディスティックな彼は千春に変態的な行為をさせますが、
惚れている弱みなのか、さして嫌そうな態度を取らない千春ちゃん。

あれほどの痴態を晒したのち、頬を染める彼女。
0434
軍の生物兵器かも知れません。

ここまでだと、「男の妄想を形にしました」ってだけで、あまり女性の書き手らしくありませんね。


ですが、9本の作品を読んで気が付いた事は、「女性が男性を選び、男性は女性を愛でている」という事です。
「エレベーターアクション」での1コマ。
0435
主導権を握っているのは、エレベーターガールです。

「ふとんぶ」での1コマ。
0439
和姦もへったくれもありませんが、男性側に恋愛感情があるのが見て取れます。

この他の作品も、女性が泣き寝入りするといった内容では無く、
たまたま今回は似たような作品を集めているだけかも知れませんが、
鳴子ハナハルさんの作品は、女性側に配慮した内容の漫画とも言い換える事が出来ます。

「男性は理想外の女性でも性的魅力さえあれば付き合いたくなるが、
女性は自分の魅力に釣り合う男性しか相手にしない? 」

下世話な海外記事の「なんでも評点」より。
http://rate.livedoor.biz/archives/50410572.html

トッド氏らの研究も、選ぶのはメスであり、オスは選ばれるために互いに競争する、
というダーウィン論的な考え方を踏襲しているようだ。
極論を言えば、選ばれる側の男性には、本当は選ぶ権利などない、ということか。
相手の女性が最低限の魅力さえ放っていれば、理想像なんてどうでもよく、
もう後には退けないようにプログラミングされている、ということか。


眉唾モノですが、ともかく、こんな意見を聞いちゃいますと、
鳴子ハナハルさんを女性作家っぽいな、と感じたのも分かる気がします。
と、まぁ本題はここまでなのですが、

ついでに気になった事なのですが、鳴子ハナハルさんが描く女性像にはパターンがありまして、
ほとんどが黒髪で、過度な装飾をしておらず、感情が高ぶる事があっても、概ね温厚で聞き分けの良い、
文字通り絵に描いた、扱い易そうな女性像だらけだという事です。

他の成人漫画家が描く女性像を、折角なのでBitchに喩えますと、
警察犬、狩猟犬、番犬、牧羊犬、愛玩犬、食用犬と、犬の使用目的によって様々なタイプがありますが、
鳴子ハナハルさんが描く女性は、盲導犬に近いと思います。

おまけですが、砂さんの描く、涼子ちゃんは闘犬だと思います。
094
女性版、S・セガールかも知れません。

セガールさんは男前過ぎるので、こんなスレを作られます。
http://chaosch.blog106.fc2.com/blog-entry-112.html
910


エロ漫画やエロゲーに登場する女性は、男性から見た女性の理想像(でもホントは居たら困る)の集大成なのか、
割と無茶な女性像が多く見られます。

現実では、マトモな精神をした男性に「好きな女性のタイプは?」と尋ねても、
本当はもっとイイ女が欲しいはずなのに、自分の容姿や能力や世間体などを考えてしまうのか、
「優しい女性」などといった、漠然過ぎる要求しかしない男性も見受けられます。

その点、自分の社会的価値がよく把握出来ていない、アレな男性に聞くと、
「どうしてオマエさんにそんな女を与えなきゃならんのだ」の疑問符が付く、要求をしたりします。

私がエロ漫画やエロゲーに興味を持ってしまうのは、一部の限られた人である事を望みますが、
「キミ達、本当にこんな女性が好みなんですか?」と考えさせられる事があるからでして、
男尊女卑の時代から、余り進歩していない現代に、ちょっとだけ呆れてしまう事もあります。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/29(土) 17:48:25|
  2. 気になったコト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<もう○○にしか見えない | ホーム | 鳴子ハナハルさんの漫画を読んでみた>>

コメント

相変わらず……

 何が言いたいのかわからないエントリですが、いつものように言いたいことがひとつに定まって書いていないのだろうと思われますので、そこにはツッコまないことにしますねー。

 本日のツッコミどころは最終段落。「キミ達、本当に……」は女も同じだべさ。
  1. 2007/09/30(日) 12:32:53 |
  2. URL |
  3. Yosh #2713EtMg
  4. [ 編集]

>相変わらず……何が言いたいのかわからないエントリですが、(…以下略…)
ここまで来ちゃいますと、人に意思を伝える気があるのかどうかさえ疑わしい私の記事ですが、
このいい加減っぷりは、生き方そのものなのかも知れませんね。

>本日のツッコミどころは最終段落。「キミ達、本当に……」は女も同じだべさ。
yoshさんの突っ込み所が「女性だってトンチキな望みをしてる」なのか、
「女性だって男尊女卑に甘んじている」を差しているのか、ちょいと分からなかったのですが、

上の突っ込みでしたら、
極論を言えば、選ばれる側の男性には、本当は選ぶ権利などない、ということか。
相手の女性が最低限の魅力さえ放っていれば、理想像なんてどうでもよく、
もう後には退けないようにプログラミングされている、ということか。

これが真実である事を祈るとしまして、女性が夢見がちでも全然OKってコトになりそうなんですけど、
問題は良好な関係が長く続かないってだけでして、それが大問題なんですけど。
それから女性のトンチキ過ぎる望み(例:白馬の王子様)を差しているのだとしたら、
「確かにお互いさまでしたね」で、終わりそうなのですが、

下の突っ込みでしたら、
今でも家庭で、子供に男尊女卑を教えているのかどうかは知りませんが、ウチでは嫌という程、教わりまして、
終いには母から、「男の子に生んであげられなくてごめんね」と笑顔で言われた事があります。
お陰さまで「この人はリベラルかそうでないか」を気にするようになりました。

女性もただ男性に従うだけでなく、自分なりの意見を持ったら良いのですけど、それには相手が男尊女卑でない事が前提となってしまいます。女性側だけでは何ともならないんですよね。

で、結局はお互い様だと、「本日のツッコミどころは最終段落。「キミ達、本当に……」は女も同じだべさ」のyoshさんのコメントに戻ってしまいまして、

とまぁ全ては堂々巡りなんですけど、こうやって自分の考えた過程を書いておけば、
普段言葉足らずの私の発言にも、自分でも気付かなかった本心への何らかのヒントが隠されているかもと、
こうやって記事を載せている次第であります。
  1. 2007/09/30(日) 13:54:22 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

 定価の五倍以上の額で雑誌を買うのは大変だったでしょうけど、色刷り頁の多さを
考えると、単行本が発売されても手放せないと思いますよ。
  1. 2007/12/16(日) 00:54:13 |
  2. URL |
  3. KG #m5vDwjvI
  4. [ 編集]

>色刷り頁の多さ
そうなんですよね。鳴子さんのページ、紙質がやけにイイんですよね。
勿体無いので雑誌に透明カバー付けちゃいました。
もうちょっと早く気が付けば、単なるバックナンバー扱いで買えたんですけどネ。
  1. 2007/12/16(日) 10:25:22 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

はじめまして

はじめまして、お初コメさせていただきます。そして昔の記事にコメで申し訳ないです。。。

自分も鳴子ハナハルさんの作品が大好きでして、調べているうちにこちらにたどり着きました。
私はおっしゃっていることがよ~~~くわかります。何度も「うんうんうんうん」とうなずきながら読んでました。
的を得ないコメで申し訳ないですが、鳴子氏の女性像の描き方については「激しく同意!!(・∀・)ノ」でして、
だからこそ女性が読んでいて嫌な気持ちにならない作品なんだな~~と改めて実感した次第ですん。
  1. 2010/10/08(金) 14:49:54 |
  2. URL |
  3. キョウコ #mFtkZ91k
  4. [ 編集]

>はじめまして、お初コメさせていただきます。そして昔の記事にコメで申し訳ないです。。。
 はい。初めましてキョウコさん。
 えーと、そんなに昔の記事でしたかね?…「2007/09/29」…うわぁ古いですね。

>自分も鳴子ハナハルさんの作品が大好きでして、調べているうちにこちらにたどり着きました。
 私、PCで調べ物をしている時に、自分のブログにたどり着いちゃったりすると、「オメエじゃねぇよ、こら!」と突っ込んでしまいますが、キョウコさんの調べ物の目的地はこちらで良かったのでしょうか? やや不安です。

>私はおっしゃっていることがよ~~~くわかります。何度も「うんうんうんうん」とうなずきながら読んでました。
 私はすっかり忘れていましたので、自分の記事を読み返しました。思い出しました。お返事出来そうです。

>鳴子氏の女性像の描き方については「激しく同意!!(・∀・)ノ」でして、
>だからこそ女性が読んでいて嫌な気持ちにならない作品なんだな~~と改めて実感した次第ですん。

 鳴子ハナハルさんの作品の特徴とささっと挙げますと、

・絵が巧いので、着エロが綺麗。
・人物だけでなく、背景もべらぼうに巧い。
・絵が巧すぎるので、淫猥な印象を与えづらく、エロ漫画にしては淡白。
・女性像のパターンが、ほとんどが黒髪で、過度な装飾をしておらず、感情が高ぶる事があっても、概ね温厚で聞き分けの良い、文字通り絵に描いた、扱い易そうな女性像だらけ。
・裸ネクタイ(リボン)がお気に入りらしい。

 時々ツンデレ少女なども描いたりしますが、無口な女性を描かせたらピカいち。表情が描けているからだと思います。
 いかにも「男性受けのいい、受身な女の子達ばかり」なのですが、女性から見ても嫌な気分にさせないのは、きちんとその女の子を見ている(観察眼)があるからだと思います。
 一般的に、女性は他者を良く見ているので、「この人は私に興味ないかも?」がバレてしまうんですよね。そこが巧く描けていると、「私を見ている=私に興味がある=私を愛している」となり、女性受けもいいんですよね。

 ですがまぁ、成人漫画は主に男性の為にありますから、女性を思いやるよりは(相手を気にしていたら、日常生活と変わらないので)、ファンタジーとして男性主導で好き勝手な作品の方がウケが良い。というのは理解できます。

 「温和な女性が主導権を握っている」鳴子ハナハルさんの作品は、成人漫画の世界ではイレギュラー扱いになるんですけど、同時にそこが魅力でもありますね。
  1. 2010/10/08(金) 18:14:26 |
  2. URL |
  3. 美紀 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/320-6ab0fd98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。