恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悪死

http://www.onlineplayer.jp/modules/topics/article.php?storyid=4254
1982年に発表され、世界中にゲームブックの一大ブームを起こした『火吹山の魔法使い』。同作品をはじめとする計59作品から成る“Fighting Fantasy”シリーズは、これまでに26ヵ国語に翻訳され、累計1,500万部という売上を記録している。

20巻「サムライの剣」、亡霊武士との戦闘場面。
君の眼前に見るもおぞましい亡霊が現れる。はるか昔に死んでしまった武士の亡霊だ。
兜の中でどくろがあざ笑う。両手に刀をもっている。
背中に立てている旗印は骸骨の絵で、「悪死」と書いてある。
084
悪死ですか。



シリーズの生みの親は、英Eidos Interactive社の元会長として有名なIan Livingstone氏と、英Lionhead Studios社の共同設立者で、大学教授でもあるSteve Jackson氏。両氏は先ごろ、同シリーズをニンテンドーDSとプレイステーション・ポータブル向けにリリースするべく計画を推し進めていると発表した。

是非とも日本語化を。
個人的にはT&Tのソロゲームブックのノリの方が好きですが。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/22(月) 21:09:34|
  2. 家庭用ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<悪夢プレイバック | ホーム | 今日から花粉症の薬を飲み始めました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/31-273e136e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。