恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「サクラ大戦」を振り返ってみる

先日「ラブ☆エアロビ」を購入した時、初回限定版「サクラ大戦Ⅴ」が1500円になっていまして、「そろそろ買い時かな?」と購入に先駆けて、今一度、自分だけ気分を盛り上げておこうと、個人的なおさらいをしておきます。

「サクラ大戦」シリーズは好きですよ。
DC版「サクラ大戦 COMPLETE BOX」も買いました。ディスク10枚組で18,900円でした。
558
無駄にデカいです。



当時、セガからギャルゲーが出るというので、「ゲーマー中のゲーマー軍団が作るギャルゲーというのはどんな出来なのか?」と発売される前から、一部では早くも注目が集まってました。
「天外魔境」のREDカンパニーの製作もありまして、出来上がったゲームは、どうかしている作り込みで、ある意味セガらしくもありました。

注目すべき点は、登場ヒロインは攻略対象として描かれていた点です。

「こんな娘がいたらいいなぁ」の作り手の妄想ではなく、
「こんな娘が相手だったら、こんな手を使って好感度を上げますよね?」のあくまでも、いちキャラクターとしてのヒロイン像でした。
「ときメモ」の成功を見れば分かって貰えると思いますが、逆を言えば、女性をカテゴリー分けしている時点で、人として駄目なんですが、ともあれ、その作られた攻略対象達ですが、

真宮寺さくら
545
ヒロインづら

神崎すみれ
547
高飛車

マリア・タチバナ
546
ワーカホリック

イリス・シャトーブリアン(アイリス)
548
ロリ

李紅蘭
549
オタク

桐島カンナ
550


バリエーションとしては間違ってないと思うのですが、購入した私も、誰から手を付けたら良いのか、少し悩みました。
そうそう、内勤は熟女でした。

つづく
スポンサーサイト
  1. 2007/06/12(火) 01:14:23|
  2. 家庭用ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「サクラ大戦2・3」を振り返ってみる | ホーム | THE IDOLM@STER を遊びたいような、遊びたくないような>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/250-5f12feef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。