恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GB版「うる星やつら ミス友引を探せ!」

新装版小学館コミックスも14巻まで出ました、「うる星やつら」。
私も読んではいませんが毎月2冊、キチンと購入しています。

新装版は何が違うの?は、こちらで見ればバッチリです。
「いけさんフロムFR・EX」
http://ikesanfromfrex.seesaa.net/
「いけさんフロムFR・NEO」の方では、性転換を扱った漫画をこれでもかという程取り上げています。
http://ikesanfromfrneore.blog64.fc2.com/blog-category-10.html

私、小学1年生の時、初めて自分のお小遣いで買った漫画が「うる星やつら」でしたので、結構思い入れがあります。その時の最新刊は7巻でした。ラムの従兄弟のジャリテンが地球に来た巻です。



私「うる星やつら」の単行本は3回買って、3回とも売ってしまったので、これを機会に買い直しています。
以前出たワイド版と違って、オリジナルと同じ巻数の構成をしている事と、34巻全てに渡る、巻末のどうでもいい資料と、ゲスト漫画家(一部除く)のコメントが面白いです。ファンならお買い得ですね。

来月の15巻は、プロレスラーの藤波辰爾さんの名前をヒントにした、作者お気に入りの藤波竜之介が登場しますが、15巻は丸々竜之介の話でした。作者の高橋さん、性的倒錯者に何か思い入れでもあったのでしょうか?単行本も後半になると、竜之介の許婚の渚ちゃんも登場しますが、ウサギ男の因幡くんに惚れられた男運の悪すぎる三宅しのぶと同じで、終盤になってからですが、お相手が登場して良かったですね。

「うる星やつら」は色々とゲーム化されてますが、マイクロキャビンが開発したパソコン版「うる星やつら 恋のサバイバル・バースディ」は、私も腐る程遊びましたが、今では比喩でも何でも無くFDが腐ってしまったので、もう遊べないのですが、アニメ寄りではなく原作に忠実で、マニア受けする良い作品でした。

ストーリーは面堂家で行われた、終太郎の妹である中学生の了子のバースディパーティが舞台。了子ちゃん、思えば「遊ばせ言葉を使う電波な娘さん」でしたね。

プレイヤーは諸星あたるとなり、景品が了子である事を知らない呑気なラムと一緒にゴールを目指します。

迷路には様々な仕掛けがありまして、ウッカリ作動させたままにしておくと、後からライバルである他のキャラクターが罠に引っ掛かったり、逆に罠を乗り越えたりして邪魔をします。もちろん、最大の敵は同伴しているラムでして、どこかで振り切る必要があります。途中でやはりといいますか、当然といいますか、ラムがさらわれますので、キチンと助けないとエライ目に合ってしまいます。
永遠の高校2年生らしく、うやむやで終わってしまう所も、とても原作チックで良いと思いました。

さて、漫画連載もTV放送も終わった1992年に、やのまんから発売されたゲームボーイ版「うる星やつら」、これがちっとも原作を理解していないのか、主人公は諸星あたる。までは良いのですが、何故かゲームのジャンルがRPGでした。成長しない所が「うる星やつら」の特徴だったのに、

じょうたい:せいじょう
やるき・いんちき・あぶなさ・あくうん・みりょく・おちつき・いじわるど


の良く分からないパラメータが並び、ウィザードリィの様な3Dダンジョンで、何から何まで間違っていました。

しかもゲームの目的が、各階に潜んでいる女性メインキャラを一度だけ写真で撮る事ですので、さくら、しのぶ、ラン、竜之介といったネームキャラが一度しか登場しない代わりに、ランダムエンカウンターとして、メガネ、カクガリ、チビ、パーマといった本当のモブや、ラムの中学校の時の黒板消しのような担任や、ラムがちょっとだけ体験入部したバレー部のキャプテンや、ファンからでもアンタ誰?のキャラクターばかりで溢れていました。このゲーム、絶対ファンは作っていません。マニアックなのではなく、頭がイカれた人が作ったんだと思います。

やのまんから発売ですが、スタッフロールを見ますとD3パブリッシャーと書かれていました。ここでもD3の恐怖が。一応、最後まで遊んでみましたが、やはり時間の無駄と言って差し支えの無いゲームでした。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/29(火) 17:47:36|
  2. 家庭用ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<はてなの質問、情報商材編 | ホーム | 今日はおでんの誕生日>>

コメント

うる星やつら

開発担当会社は「KID」のようです
  1. 2015/05/26(火) 23:01:22 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #Vb9BYKhQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/227-791186a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。