恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ガンスリンガーガール」とロリータ像

ここのブログの管理人の気の向いた時だけ更新しているTRPG「デモンパラサイト」のリプレイですが、疑問に感じている方もいると思いますので、書き手である私のロリータへの感情を少しばかり載せておこうと思います。
もちろんツルペタ萌えーっ!ではなく、造形的にあれはあれでとても良いのですが、それはそれで置いておきまして、ちょうど「ガンスリンガーガール」にすみれちゃんに似た境遇の義体少女たちが居ますので、彼女らを参考に簡単に説明してみます。

「ガンスリンガーガール」は、とある不幸な事情により、例えば、
一家を惨殺されて運良く(運悪く)生き残った少女や、
生まれつき病気で寝たきりで、家族のお荷物だった少女や、
スナッフムービーの撮影中に救出された少女や、
保険金目当ての親に殺されかけた少女を、
政府が引き取り、体の一部を機械化し、対テロ兵器に仕立て上げられてしまった不幸な少女たちの話なのですが、更に気の毒な事に「条件付け」と呼ばれる薬による洗脳が行われていまして、これは2人1組で行動する担当官を主人と思い込ませ、担当官に絶対服従をさせるための手段なのですが、義体が少女の姿であるばかりに、どうして少女である必要があるのか、やはり良く分からないのですが、担当官は苦悩します。

ヘンリエッタと呼ばれる義体の少女は、ジョゼと呼ばれる担当官の元で仕事をしていますが、彼女は純粋にジョゼの事を愛しています。どの義体の少女も皆、担当官に形は違えど絶対的な愛情を持っています。

ある担当官と義体の少女が遺体で発見され、調査にやって来た2人のうちのひとり、ガブリエリはヘンリエッタを優しく諭します。

「……ガブリエリさんもですか…ガブリエリさんも私を「女の子」にしようとするんですね」
「だって本当に」
「ここに来た時、ジョゼさんは私の銃を取り上げたんです…「普通の女の子はこんなもの持ってない」って……確かにそうです……でも…」
501
「体が機械の女の子って普通ですか?すごい力持ちで…素手で人を殺せるんです…
赤い血は出るけれど、すぐに痛みなんて消えちゃうんです。
義体の私がジョゼさんの役に立つには…普通の女の子じゃだめなんですよ……」(「GUNSLINGERGIRL 1巻」)


溢れてくる感情を面識のないガブリエラにぶちまけてしまうヘンリエッタ。
この世には「女の子」なんて生き物は存在しません。「女の子」は大人の想像の産物です。
この世には、思慮と経験が足らず、相手を思いやる事も出来ず、なおかつ「女の子」という器に閉じこめられた大人しかいないのです。
男性の全てがロリコンではありませんが、女性の多くはロリータだった頃があるのです。

美少女型対テロ兵器を義体と呼びます。
496
こんな設定、どうかしています。



ちなみに死亡した義体はエルザという名前ですが、中のヒトの声は、アチラの世界とコンタクトがとれる少女の声をさせたら、まず10年は右に出る人はいないであろうと思われるウィスパーボイスの持ち主、能登麻美子さん。
065
「マリア様がみてる」の藤堂志摩子。

023
「レッスルエンジェルスサバイバー」の巫女プロレスラー。

354
「はやてXブレード」のわんこ。

494
エルザも耳元できっと何かが囁いたに違いありません。

大人びているトリエラや、全てを客観視しているクラエスよりも、おませさんと思われがちなヘンリエッタですが、ヘンリエッタは子供であるからこそ、自分の感情を第三者に告白してしまうのです。

ヘンリエッタはポリゴンの方が可愛いと思うのは私だけでしょうか?
500
少女が殺しまくるので海外で顰蹙を買ったPS2版「ガンスリンガーガール」。

担当官がたまたまヤングだったヘンリエッタは不幸でしたが、
同じヤングでも、ヤングの兄貴は警察犬みたいにリコを扱ってますし、

ベットの上しか世界を知らなかったリコ。
殴られても、ぶたれたって感覚があるのが嬉しそうなリコ。
277
まさにナチュラルボーンキラー。

こちらの担当官もヤングでしかもマッチョですが、
アンジェリカ自身が薬の副作用で恐ろしく忘れっぽくなっています。
499
ぼうけんのしょはきえました。でんどんでんどんでんどんでんどんでんどん。

クラエスの担当官だったラバロは父親ぐらい離れてましたので、彼女はラッキーだった方でしょう。
ラバロが何を感じていたか、

今となっては分かりませんが。

追記ながら、大人に見捨てられ、怪力を持ってしまったすみれちゃんは、彼女たちのような苦悩はなく、ただ、すみれちゃんの中のヒトが「TRPGで一度でいいから親子どんぶりをしてみたい」という邪な欲望のみだったのは予め記しておきます。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/30(金) 20:20:11|
  2. 気になったコト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大人の(中略) 大盛りでお願いします編 | ホーム | 手袋が意味するヒロイン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/168-1caab03b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。