恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蔦子さんの今までとこれから

「マリア様がみてる」でも人気が高く、名脇役の武島蔦子。
395
人間が出来ている盗撮魔です。

「ううん、見ず知らずの子。近所に小学校があるから、家の前通学路になっているのよね。可愛い子だったから近づいてみたら、胸の名札が見えた」
「それって危ないよ、蔦子さん」
見た目は普通の女子高生だから警戒されないかも知れないけれど、中身は変態の小父さんそのもの。指摘したって「大丈夫。まだ七、八年早いから」なんてズレたこと言ってる。(「チャオ ソレッラ!」)


可愛い児童の名前がヤマグチマミちゃんだったので、喜ぶ新聞部の山口真美。リリアン女学園は平和ですね。

オノレカシモトリョウトウダッタカー!
391
同じ日本語ユーザーとは到底思えない「マリア様がみている」世界の蔦子さん。
こんな人に盗撮されてたら呪われそうです。



幼女趣味のない蔦子ですが、先程XBOX360「アイドルマスター」のダウンロード販売を見ていまして、体操服一式(+ブルマ)が1000ゲイツで売ってました。本当はマイクロソフトポイントなのですが、呼び難いのか何故かゲイツでまかり通っています。現在700ゲイツが税込み1050円でして、他のダウンロード商品が50~300ゲイツ、高くても600ゲイツですので、いかに足元を見られているのかが分かりますね。そんなにブルマが好きですか?

さておき、そんな蔦子にも一方的に付きまとわれている下級生がおりまして、1学年下の内藤笙子。実は姉の克美、当時の黄薔薇さまの鳥居江利子と少なからず因縁がありまして、そのエリリンがこれまたどうでも良い登場の仕方をして、初登場の笙子を怖がらせました。

十代の三つ差は大きい。私は蛇に睨まれた蛙のように、その迫力に押されて動けなくなった。現物の鳥居江利子さまは「リリアンかわら版」や姉のアルバムで見た写真とは比較できないほどの美少女だった。(「ショコラとポートレート」)

ソフトフォーカスは信用出来ません。
396
美少女だってさ。良かったねエリリン。通称スッポンの江利子。

「まったく。卒業する人間が上履き置いていって、どうするのかしらねぇ。次に使う予定なんてあるわけ?」
江利子は最後の最後まで容赦ない。(「いつしか年も」)


歴代薔薇さまの中で一番デリカシーがないであろう江利子。
勝手に惚れた癖に「一方的過ぎたって、今目が覚めました。これから、少しずつでもいいですから私のことを知ってください。その上でお互い愛し合えたならば、その時は結婚しましょう」(黄薔薇まっしぐら)と一体どの口が言うのか、二度と目が覚めないようにしてやろうかとも思いたくなるような暴言も吐きました。

「嘘、忘れたの?」
「何だか気に障るようなことを、言ったような言われたような気はするんだけど」(「いつしか年も」)


歴代薔薇さまの中で一番物事に執着がないであろう江利子。
勉学も身だしなみも本当に意識せずにここまで出来る天才肌です。
逆にざっくばらんに見える聖はいつまでもいつまでも昔の事にこだわる粘着質で、憶測ですが夜の方も相当ネチっこそうです。

江利子が伸びをした。もうずいぶんと間隔が開いてしまった先頭グループにいた令が、何を勘違いしたのかこちらに向かって手を振る。
「時々聖が遠くに行っちゃいそうだったのは、ご先祖の放浪の遺伝子の悪戯だったわけだ」
江利子の理論は、めちゃくちゃだった。(「いつしか年も」)


えー、黄薔薇一族は総じてニブいと言い換えた方が早いのでしょうか?

姉妹(スール)を持たない主義の蔦子ですが、何故か笙子に好かれてしまいます。

列から離れながら、蔦子さまは言った。距離を置いて、マリア像の前で順番待ちしている生徒たちを撮影する。
「カメラを意識してポーズとった人物も、撮って楽しいですか」
私の言葉には、多少皮肉が入ってたかもしれない。
「それなりに楽しいけれど」
シャッター音が響く。(続く)


隙だらけなのもあって、盗撮されまくりの祐巳ちゃん。
盗撮みたいに写真を撮りまくるけど、本人の許可なく発表したり流出したりしないという主義。首を横に振られれば、どんなにいい写真であろうとネガごと燃やすのが彼女流の「筋」である。(「レディ、GO!」)
394
そんな訳でなかなかデジカメに移行出来ない蔦子さん。
私は作者の今野さんが「デジカメに興味がない」に一票です。

(続き)
「どうして?」
「ドラマが見える」
「ポーズをとっているのに?」
私はなおも尋ねた。ポーズというのは、こう見せたいという演技のようなものだ。
「ポーズをとっている、っていうこと自体がドラマになっていることもあるから」(「ショコラとポートレート」)


セミロングで天然パーマで「小さい頃、子供モデルやってて」とカメラの前でポーズを付けているうちにこれが本当の自分なのかと疑問を持ち始めた笙子。いつしか写真嫌いの少女へと育ってしまいます。ふわふわパーマといえば天然ボケの志摩子。彼女が天使ならば笙子は傷付いた堕天使のごとく、カメラで閉ざされた心を開いたのはやはりカメラの蔦子。どうやら中年親父女子高生には「天使のような娘」はアンタッチャブルらしく、聖も蔦子も脳味噌は同じくオヤジなので、いつまで経っても手が出せません。
よって今日もリリアン女学園は不純同性交遊もなく、平和です。

最も聖と違って蔦子は「リリアン女学園の女生徒の中身」には興味が無さそうですが。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/21(水) 13:42:09|
  2. マリア様がみてる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<私立リリアンビッチ学園 | ホーム | 大人の(中略) フェニックス・葵編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikioden.blog89.fc2.com/tb.php/155-1bb4403c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。