恥に働けば角が立つ。

PC-9801が好きな、W・コーギー(牝1匹)と白猫(牡1匹)の飼い主。主婦。今日もささいなコトが気にかかります。掲示板もありますよ → リンク参照

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年年忘れ、及び2013年新春おめでとう、ボードゲームいっぱいやったよ

今年も、5日間の「年越しゲーム会場 in マイハウス」が開催されました。
ご来場の皆様、ご足労有難うございました。

こうやってまとまった休みに趣味を通じて知り合った方々に時間を割いて貰って、大人の個人の時間って貴重ですよ? 相手をして頂けるのは大変な果報者だと私、最近特に思っています。有難うございますネ。

さて、お集まりになった皆さんとはゲームサークルが同じ。
年齢も性別も考え方も社会的立場もそれぞれ違います。

たまたま私を含む4名で卓を囲んだ時のメンツが、ゲームサークルの定例会から足が遠のいた人達でした。
「我らレアキャラ四人衆」
「僕が一番コモンですかね」
「奴は四天王の中で最も最弱」
と楽しませて頂きました。

それでは今回遊んだボードゲームの紹介になりまーす。



「サンティアーゴ・デ・クーバ」
1
「Santiago de Cuba」/ Michael Rieneck

「プエルトリコ」の「船長フェイズ」と「商人フェイズ」を組み合わせた感じのゲームでした。
ポイントは売値を操作出来る事ですね。とにかく相手の邪魔が面白い。
「プエルトリコ」の「商人フェイズ」で「相手の邪魔をする=自分の得になる」に似たプレイ感覚ですね。
9
序盤から弁護士のアロンゾさんと仲良くなりましょう。
終盤はよく休業させられてた気が。

10
つい立てがやけに小さいのも印象的でした。

勝利得点同じ、商品同数、所持金1ペソの差で勝者が決まりました。
今回のプレイは接戦で面白かったですね。


「コネクション」
2
「Kreuz & Quer」「Connections」/ Reiner Knizia

クニツィアさんが「テイク・イット・イージー」で「水道管ゲーム」を作りました、って内容のゲームです。
8
説明が済んじゃった。
違いは得点を稼ぐのではなく、減点方式な所ぐらいかな?

11
パーカーブラザーズの「水道管ゲーム」。「UNO」と同じく修学旅行の定番クラスの軽いカードゲーム。
子供の頃、兄とよく遊びました。これはまだ判るのですが、
12
兄が「クァークス」を買ってきたのが未だによく判りません。
「クァークス」、インパクトはあるけど、小学生にはチト煩雑でした。カードはとても愉快です。


「ビブリオス」
3
「Biblios」/ Steve Finn

ダイズが並んでいる所が「サンティアーゴ・デ・クーバ」に似ていますが、こちらは競りゲー。
毎回入手する手札から、欲しいカードを1枚取り、1枚は非公開で埋め、残りのカードを他のプレイヤーに配る。
非公開で埋めたカードの山をプレイヤー達で競ります。
大雑把に説明すると株のゲームですね。

数字の管理にサイコロを使用しているので、一瞬「運ゲーなのかな?」ともイメージしちゃいそうですが、「サンティアーゴ・デ・クーバ」 と同じ、意図的に相手を牽制出来る「対戦者ありき」のゲームです。


「ラブレター」
4
「Love Letter」/ Seiji Kanai

カード枚数が少ないのが超優秀。
姫のカードを手に入れた人の勝ちなのですが、ここまでカード枚数が減らせるものなのかと感心。
引き算が巧い人って頭良いよね。


「ステステマーケティング」
5
「Sute Sute Marketing」/ Toryo Hojo

アホっぽいタイトルなのですが、得点計算をした時にデザイナーさんの数学センスの良さが光る一品。
これ作った人、スゲー頭が良い人だと思います。
「18」のカードは「古雑誌」なのですが、「少年バンビ」というアレな雑誌名のせいでホモ雑誌にしか見えませんでした。
「俺の家の前にホモ雑誌置くなよ」がプレイ中の合言葉になってました。


「カツカレー喰ってる場合か!?」
6
「katsucurry Kuttru Baaika!?」/ Toryo Hojo

「ステステマーケティング」と同じ作者さんなのですが、こちらもやはりカードの数値とカードの再分配のセンスの良さが光りました。
こんなにアホっぽいのに滲み出る才能臭。素晴らしい事だと思います。
ちなみに私、「婚約指輪」を250円で競り落としましたが、
「こんなの輪ゴムでいいんだよ、輪ゴムで」と付け加えておきました。


「ナポレオン」
7
「Napoleon」

「日本で考案されたトランプのナポレオン」。今回はたまたま家にあった「イラクのお尋ね者トランプ(Most-wanted Iraqi playing cards)」を使用してみました。
このお尋ね者トランプ、アメリカ版を作ると52枚じゃ足らない ってオチが付くみたいですが。

今回遊んだ時、「トランプのナポレオンって未プレイなんですよ」と伝えると、「ここでしましたよ」との答えが返って来て、「ええっマジっ!」と自分のお味噌が心配になりましたが、どうやら私は参加していなかった様子。
一安心なのですが、あの時に遊んだかどうかはあやふやなんですね。歳には逆らえません。と思いましたが、昔からこんな性格だったような気がします。

[2012年年忘れ、及び2013年新春おめでとう、ボードゲームいっぱいやったよ]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/01/13(日) 22:51:37|
  2. 非電源系ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

美紀

Author:美紀
「PC-88のESCキーが死んでいるので、『ドラゴンナイト』がクリア出来ません」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。